子宮内膜症の症状とは

子宮内膜症の症状にはいったいどういった症状があるのでしょうか?
下記に挙げてみたいと思いますので参考にしてみてください。

月経痛

子宮内膜症が原因となっていて起こっている月経痛の場合の特徴としては、かなり痛みが強い生理通で市販の鎮痛剤を使っても全く効き目がないという状態が起こりえます。また年齢を重ねていくことで痛みが強くなってきたり、生理の前後でも痛みが続くようになったり、痛みが腹痛だけにとどまらずに、膣の奥の方だったり肛門だったりする場合があるなど月経痛に関するトラブルが多いです。

下腹部痛

生理のときだけではなく、生理のとき以外の場合でも下腹部の痛みや、腹痛、排便の際に感じる痛みなどがあります。また腰痛も感じるようです。

性交痛

子宮内膜症の場合、性交をするときに膣の奥のほうが痛む場合があるようです。

下痢

下痢をしやすくなり、特に月経時に下痢をする可能性が多いようです。

月経血の量

子宮内膜症の場合、レバー状のような血液が混じった血液も一緒に出ることがあり、血液の量も増えるようになります。
子宮内膜症というのは上記のような症状以外でも現れる場合があります。
また単独で症状が現れることもあるし、複数組み合わせて症状が出てくる場合もあますので、よく症状を覚えて置くようにした方がいいと思います。
また放置してしまうと不妊症になってしまう原因にもなりかねませんので定期的な受診をおすすめします。

¥1155
¥1365
¥13650

>>子宮内膜症の本は、コチラから
>>子宮内膜症と漢方

コメントは受け付けていません。