子宮内膜症の治療

子宮内膜症と診断をされたらとても慌ててしまうと思います。しかし慌てずにしっかり治療を受けることが大切になります。
治療をするとなると実際に子宮内膜症の治療ってどういうことをするのか分からないために不安になりますよね。
その不安を少しでも取り除くように下記に治療内容を挙げてみますのでぜひ参考にしてみてください。

腹腔鏡開腹手術

手術と言っても大袈裟なものではなく、おへその近く辺りに小さい穴を開けた上で、そこから中を見るための器具を挿入して、子宮内膜症の状態を見ることになります。
このとき、子宮以外にできた子宮内膜が小さいようであればレーザーを使って焼ききることができるようです。

薬物治療

子宮内膜症が進行しそうな感じと診断された場合には、低用量ピルを用いて治療をするという方法があります。
ピルを使用することで排卵を一時的に止めるのですが、そうすることで子宮内膜症の進行を防ぐことが可能になります。
ただし期間は約半年位で経過を見るみたいです。

低用量ピル

上記にも記述しましたが、低用量ピルを使用して子宮内膜症を治療すると言った方法があります。
ピルを使用すると女性ホルモンの分泌が抑えられますので一時的に閉経状態になります。閉経状態になり、子宮で排卵が起こらなくなると子宮内膜も発育できなくなるために治療したり、様子をみたりすることができるようになります。
ただし、この方法は最大でも半年位が目安になると思います。
理由は骨粗しょう症という病気になってしまう可能性がでるからです。

¥1969
¥4799
¥17000

>>子宮内膜症の本は、コチラから
>>子宮内膜症と漢方

コメントは受け付けていません。