子宮内膜症の治療経過

子宮内膜症の治療をしたいと思っている人は大勢いると思います。しかし、どのような症状の改善が見られるか不安なところは多いと思います。
そこで、ここでは漢方薬治療を行っている人の経過を例に挙げてみたいと思いますので参考にしてみてください。
まず子宮内膜症を治療する前の症状です。
生理前になるとイライラしてしまったり、食欲が出るようになって食べてもお腹いっぱいにならなくなったり、感情のバランスがおかしくなったりするようなことが合ったようです。
また生理が始まると、下腹部に激痛が走り普通に歩けなかったり、ボーっとして何をしてもやる気がおきなかったり、生理の血が黒ずんでいたり、生理のときにレバー状の塊みたいなのが出たりしていました。
このように、一般的な子宮内膜症の症状が出ている人が漢方薬治療をしてみて数ヶ月、だいたい次のような改善が見られたようです。
まず生理前ですが、イライラしなくなり感情の起伏もおさまってくるようになった。
暴飲暴食をすることがなくなった。また生理が始まっても、激痛に悩まされることがなくなったり、生理の血が黒ずんでいたりすることがなくなった。
というような状態になったようです。かなりの改善率だと思います。
子宮内膜症とは女性特有の病気です。症状も女性特有ですよね。
しかし治療をするとこれだけの効果が期待できるということも分かったと思います。
是非ちょっとでも生理がおかしいなど身体に異変を感じたら病院に行って受診するようにしましょう。

¥4799
¥6300
¥2625

>>子宮内膜症の本は、コチラから
>>子宮内膜症と漢方

コメントは受け付けていません。