子宮内膜症の治療法について

子宮内膜症になってしまっても慌ててはいけません。
まずは医師の診断をあおぎ、その結果を踏まえた上で正しい治療を施してもらうようにした方がいいと思います。
では、子宮内膜症の治療法ってどういうものがあるのでしょうか?一般的に子宮内膜症の治療法には薬物療法という治療方法と、手術療法という治療方法の二つに分けられると思います。薬物療法の方法としては、内服で治療する場合黄体ホルモンやダナゾールなどを服用させたり、皮下注射で治療したりするという方法を取っているところが多いと思います。ただ、手軽に治療ができるというメリットがありますが、一時的な治療法でしかないために完治させるためには別の治療方法を取らなければならないと言うデメリットがあります。
次に手術療法についてですが、これには開腹して手術を行う方法と、腹腔鏡を使って手術を行う方法があります。この場合には電気メスやレーザーメスなどを使って子宮内膜の表面を焼ききります。
また、症状が悪化している場合(チョコレート嚢腫)には超音波メスを使って他の器官に移った内膜組織を剥がしたり切ったりすると言うこともする可能性があります。
手術に際しての痛みと言うのはあまり無いようで安心していいと思うのですが、子宮内膜症という病気は再発しやすい病気ですので、手術が終わったからと安心せずに定期的に検診を行うと言うことが大切になります。
というような治療方法が子宮内膜症にはありますので覚えておきましょう。

¥5119
¥18900
¥6300

>>子宮内膜症の本は、コチラから
>>子宮内膜症と漢方

コメントは受け付けていません。