子宮内膜症の治療方法

子宮内膜症と診断されるにはまず専門機関での検査が必要になります。
その上で治療法を決めて治療に入ることになります。
まず子宮内膜症の検査方法としては超音波検査、血液検査、CT検査などと言ったような検査方法があります。
その治療方法としては簡単に言うと、ホルモン療法を行ったり、手術を行ったりして、患部である病巣を取り除いていくという手術を行います。
ただし、病巣を取っただけでは完治はせず、再発する可能性もおおいにあるので生活面においても十分な注意が必要になってくると思います。
まずは治療方法として一般的なのが薬物療法です。
子宮内膜症とは放って置くと悪化してしまう可能性がおおいにあります。
子宮内膜症を進行させない方法として有効なのは妊娠をして子宮を休ませると言うことが必要なのですが、この擬似妊娠状況を薬物で作り上げて子宮を休ませてその間に炎症を鎮めるようにしたり、卵巣などに溜まってしまった血液が体内に吸収されるまで待つようにしたりするなどと言った治療をするという方法があります。
次に手術をするという治療方法がありますが、この治療方法のメリットとしては治療をする側が患部を見ながら直接手術ができるということにあります。
しかし、入院をしなければならなかったり手術の痕ができてしまったりというデメリットもあったりします。
しかし、手術と言っても開腹手術ばかりではありません。
腹腔鏡を使う手術もあります。これは開腹とは違って入院の期間も短いし、傷跡もそんなに目立たないのでいいと思います。

¥3500
¥7770
¥2756

>>子宮内膜症の本は、コチラから
>>子宮内膜症と漢方

コメントは受け付けていません。