子宮内膜症の検査

子宮内膜症と言う病気は気になるけれども、実際に病院ではどういった検査をするのか気になるところですよね。
例えば内診をするときに膣に器具を入れると思うのですがこれがなんとなく気持ち悪くて不快感を覚えずにはいられません。
またそれが嫌で婦人科に行かないと言う人も多いと思います。
また婦人科の先生が男の先生かどうかと言うのも不安材料なのではないでしょうか。
やはり抵抗がある人が少なくありません。そういった人の場合には女医さんがいる病院を探すと言うのも検討材料に入れてみてはいかがでしょうか。
では実際に子宮内膜症の検査には病院でどういった検査を行うか挙げてみますので参考にしてみてください。

問診

まず病院に行ったら症状がどのようなものか生理の時にある出血の量や痛みなどを聞かれます。

内診

膣の中に指を入れて膣内にしこりや変わったところがないかどうか調べます。

超音波検査

腫瘍があるかどうかを確認するために体外から超音波をあてます。

内視鏡検査

膣の中に器具を入れて変化があるかどうかを確認します。

MRI検査

子宮内膜症があると診断された場合、また手術の必要性がある場合にこの検査を行うようです。
以上のような検査が婦人科で一般的に行われる検査方法です。
きちんと把握をしておくと心構えも違うかもしれませんね。
また検査が嫌だからと検査しないで放っておくと大変な事態を招きかねないのできちんと検査をするようにしましょう。

¥2275
¥1500
¥2756

>>子宮内膜症の本は、コチラから
>>子宮内膜症と漢方

コメントは受け付けていません。