子宮内膜症の検査方法と治療方法

子宮内膜症の原因と言うのは、はっきり分かっていないという現状があるようです。
はっきり分かっていないというのがちょっと気持ち悪いのですが、一説としては月経のときに体外に排出されるべき血液がきちんと体外に排出されずに身体の中に逆流してしまい、子宮内膜が子宮以外の場所に溜まってしまったり、その他の細胞が子宮内膜のような組織に変化してしまったりする場合があります。
また、子宮内膜症になると不妊症の原因になってしまう可能性もありますが、必ずしも妊娠できなくなると言うわけではありません。
しかし、子宮内膜症を放っておいてしまうと症状が悪化してしまいますので、検査は早めに受けた方がいいと思います。
子宮内膜症というのは一度治療をしても、再発しやすいとされていますので治ったからと甘く見ないようにしなくてはいけません。
まず子宮内膜症の検査方法には、超音波を使う方法、血液検査、CTによる検査方法があります。
治療方法には、薬物療法や手術療法、ホルモン療法などがあります。
薬物療法では月経を一時的に薬で止めてしまう状態を作り上げます。
子宮を休ませることによって子宮の状態が正常に復活するまで待つと言うことなのです。
次に手術療法に関してですが、手術によって患部を直接見て処置することができると言う利点がありますが、手術跡ができてしまうという欠点もあるのです。
また状態によっては手術の方法も変わってくるので、医師の指示をきちんと仰ぐようにしなければならないと思います。

¥6300
¥1950
¥4515

>>子宮内膜症の本は、コチラから
>>子宮内膜症と漢方

コメントは受け付けていません。