子宮内膜症の意味

子宮の中には、子宮内膜という膜があってそれは赤ちゃんにとってのベッド的な役割を持っています。
その子宮内膜が子宮の外にできてしまう病気のことを子宮内膜症というように呼んでいます。
病気と言っても、良性である場合が多いのでそこまで心配する必要はないとは思うのですが、まれに悪性の場合もありますので注意が必要になります。
また大丈夫だからと放置してしまうと、不妊症の原因にもなる可能性がありますので早めに診断を受けるようにしましょう。
自分は子宮内膜症だろうか?と思う人はちょっと考えてみてください。
最近生理のたびに生理痛が酷くなってきてはいませんか?
腰痛や下腹部痛なども酷くありませんか?
そうならば可能性はありますので早めに診断を受けるようにした方がいいと思います。
子宮内膜症になる原因というのは今現在特定されていないのが現状です。
しかし子宮内膜は女性ホルモンが大きく関係しているためにストレスが原因ではないだろうかという考えもあります。
その他にも生理になってから年数がかなり経過していること、初潮が早かったこと、妊娠や出産の経験がないことというのも原因ではないだろうかという考えもあるようです。
最近の女性は発育が早いために、初潮の時期が早かったりもします。
その分生理の回数も多く子宮内膜の剥離を繰り返している回数も多いと言うことになるのです。
また結婚年齢が遅くなっているという今のライフスタイルを象徴するかのような病気ともいえるかもしれません。

¥1575
¥1890
¥1260

    ⇒他にも、子宮内膜症の本を探す

¥1969
¥4799
¥17000

>>子宮内膜症の本は、コチラから
>>子宮内膜症と漢方

コメントは受け付けていません。