子宮内膜症の不正出血について

子宮内膜症になると、生理以外のときに不正出血をするケースというのが増えてくるようになります。
不正出血と言うのは子宮内膜が子宮以外の場所にできてしまうとおきてしまう場合が比較的多いようです。
子宮に内膜がある場合には、女性ホルモンの影響によって正常に生理がおきますが、子宮以外に内膜がある場合には女性ホルモンの影響と言うのはあまり受けないので、不正出血という形で出血するようになるということです。
また、内膜組織が卵管の部分にできてしまった場合でも不正出血を引き起こす場合があります。
また不妊症の原因になってしまうことにもなりかねません。
子宮内膜症は自覚症状が比較的悪化しないと出てこないものだと思います。ですから不正出血が起きた場合には何らかの兆候だと認識して、できるだけ早くに病院に行くようにしましょう。
生理のときって多かれ少なかれ下腹部痛があると思います。
子宮内膜症の人が生理のときに痛みがあるのはある意味普通のことだと思います。
ですからただの生理痛だと思って放っておかずにいなければなりません。
また、下腹部痛に関してはあまり確定的なことはないかもしれませんが、性交のときに感じる下腹部痛の場合には子宮内膜症である可能性があると思いますので是非早めに病院に行くようにしましょう。
また、もっと自覚症状が出てくるような状態になった場合には、下腹部痛が肛門の方まで広がってしまう可能性もあります。
なんとなく排便時に圧迫されるような感じがあるのであれば要注意ですので気をつけるようにしましょう。

¥1418
¥7350
¥998

>>子宮内膜症の本は、コチラから
>>子宮内膜症と漢方

コメントは受け付けていません。