子宮内膜症のできる場所

子宮内膜症の中にはチョコレート嚢腫と言うものがあります。なんだかおもしろい名前ですよね。
チョコレート嚢腫と言うのは本来子宮にできるはずの子宮内膜が卵巣にできてしまうことを指しています。
卵巣の中に子宮内膜ができてしまうと、月経のときに子宮内膜や子宮内膜が剥離されるときに生じる出血などが体外に排出されることが出来なくなってしまうために、卵巣内に溜まっていくことになります。その溜まっているものがチョコレートみたいな感じなのでチョコレート嚢腫と言うように呼ばれているようです。
卵巣に子宮内膜ができてしまうと、卵管をふさいでしまう可能性があります。
そうなってしまうと卵巣機能が低下してしまいますので不妊に繋がってしまう可能性があるのです。
だからと言ってあまり不安にならないようにしてください。
チョコレート嚢腫の人でも妊娠している人はいるのですから。
チョコレート嚢腫の治療法としては、症状の進行状態によりますが手術や他の治療がありますので、よく相談するようにしましょう。
次に子宮内膜が子宮ではなく子宮の表面などにできてしまった場合ですが、子宮の表面にできた場合、膣を子宮内膜で狭めてしまう可能性があります。
膣が狭まってしまうと、性交時にペニスを挿入した際に激痛を伴う場合があります。こういった状況のことを性交痛と呼んでいます。
子宮内膜症の症状としてはよくある症状のひとつで併用して生理痛がひどくなったり、生理以外の下腹部痛がひどくなったりする場合があります。

¥6300
¥1950
¥4515

>>子宮内膜症の本は、コチラから
>>子宮内膜症と漢方

コメントは受け付けていません。