子宮内膜症になりやすい年代

子宮内膜症になりやすい年齢と言うのがあります。
しかしなりやすい年齢というよりは、子宮内膜症が見つかりやすい年齢であるということにも繋がると思います。
子宮内膜症というのは発症してから自覚症状が出てくるまではかなり長い年月がかかると言われています。
しかも、子宮内膜症になる原因と言うのは正確には解明されていないと言う現状もあります。
子宮内膜症というのは、子宮内部にある内膜組織が本来あるべき子宮以外の場所にできてしまってしまい、生理がくるたびに蓄積されていき、他の器官と癒着をしていくということです。
それによって炎症を起こしたり障害が起きてきたりします。
この、子宮内膜症になってしまいやすい年代としては、30歳前後の人が多いと言われています。
子宮内膜症になる人には妊娠経験がある人、無い人、さまざまな人がいますが、比較的に妊娠経験がない人に多く発症しやすい傾向があるようです。
子宮内膜症になると、生理が不順になってしまったり、不正出血をするようになったり、生理の際の出血量が多くなったりすると言う症状が出てきたりします。
それと一緒におりものが出てくる場合もあるようです。
そのおりものがサインになる場合もあります。
500円玉くらいの大きさの塊でおりものがでてくるようになったら子宮内膜症を疑ってみてもいいかもしれません。
しかし、おりものが出たからって全て悪いようには考えないでくださいね。
いつもとちょっと違うな?と思ったらまず自己判断はせずに病院に行くようにしましょう。

¥2275
¥1500
¥2756

>>子宮内膜症の本は、コチラから
>>子宮内膜症と漢方

コメントは受け付けていません。