子宮内膜症になりやすい人

子宮内膜症になりやすい年齢と言うのは20代~40代の女性であると言われています。
これは女性の婚期や出産の時期に重なっていると言ってもいいかもしれません。
近年、この子宮内膜症を発症している人が増えてきているようで今では12万人を超える女性達が悩まされている病気となっています。
ですから私たちもこの「子宮内膜症」という言葉を耳にする事が増えてきているのか、意識の中にあり常日頃検査の必要性を感じずにはいられないという現状になっています。
子宮は月経が始まった初潮と言われている時期から休みなく働いて、その子宮が休みを得られる時期と言うのは妊娠中だと言うことになります。
子宮内膜症の予防法としてはまさにこの子宮を休ませることが有効だとされています。
ですから現段階で妊娠・出産の予定が無い人に対しては予防法として子宮を休ませるために、低用量ピルを勧める医者が多いようです。
またピルに抵抗がある人には漢方薬などでも対処できるようです。
子宮内膜症と言う病気は、ちょっと前まではあまり知られていないような病気でした。
それは20歳前後で妊娠・出産をする女性が多かったからかもしれません。
今はライフスタイルが変わってきているせいか、結婚や出産の高齢化が進んできています。
そのために子宮内膜症という病気もメジャーな病気として認識されてきているように思えます。
そういった背景から考えても子宮内膜症のことをよく知っておかなくてはならないのではないかと思います

¥3675
¥1575
¥1260

>>子宮内膜症の本は、コチラから
>>子宮内膜症と漢方

コメントは受け付けていません。