子宮内膜症と食生活について

子宮内膜症と言うのは最近よく耳にするようになった病気のひとつで、昔は日本ではあまり症例がなかった病気だったようです。
もともとは欧米で多かった病気のようですね。
しかし、近年日本でも子宮内膜症になる人が増加しているようで対策や予防などを考えなくてはならなくなってきているようです。
では、どのくらい増えてきているのかと言うと、昔は10人に1人という発症だったのに対して、今は月経痛がある人の2人に1人が発症しているということみたいです。
特に20代や30代の比較的若い世代に多く、そのライフスタイルに原因があるのではないかとされています。
例えば食生活、ファーストフードや冷凍食品、インスタント食品など便利で手軽に食べられるものがものすごくたくさんあります。
これらの食品には動物性の脂肪分が多量に含まれており、摂取することで食生活のバランスを壊してしまうことになります。
これが子宮内膜症を発症させやすくなってしまう原因にも繋がってきているように思えます。
また、こういった食生活をするのは、仕事が忙しい人が多いように思えます。
子宮内膜症は忙しく働いている女性に多いと、つまりキャリアウーマンに多いと言われている病気です。
仕事から遅く帰ってきて料理をしようとはあまり思いませんものね。
しかし、どんなに面倒でも身体のためにはバランスがよい食生活を手料理で作ることが大切になってくると思います。
できれば、料理を習慣化させてみてはいかがでしょうか。

¥1400
¥2572
¥17600

>>子宮内膜症の本は、コチラから
>>子宮内膜症と漢方

コメントは受け付けていません。