子宮内膜症と生理痛

子宮内膜症になってしまった場合、放っておかずに治療をしなければ悪化してしまいます。
ちょっとした症状を見逃さないためにも常に自分の体に意識を向けることが大切です。
例えば見逃してはいけない症状に生理痛が挙げられます。
生理痛はあって当たり前と思ってはいないでしょうか?
生理痛があるけどそれは生理痛だから平気と思って放っておく人が比較的多いように思えます。
しかし、大げさかもしれませんが生理痛があったらどこか婦人科系で病気になっているところがあるかもしれないと思うようにして早めに病院に行って検査をしておいた方がいいかもしれません。
では生理痛とはどんなものかと言うと、下腹部が痛いとか重い感じがする。
腰も重くて痛い気がする。
などが主な生理痛の症状だと思います。
また、経血も鮮やかな血の色をしていなくて、なんとなくどす黒い感じがする。
と言うのも見逃してはいけない症状ではないかと思います。
またちょっとでも子宮内膜症を疑っている場合、生理のときにタンポンを使用するのは控えた方がいいかもしれません。
本当か嘘かは分かりませんが、一説によるとタンポンは体外に排出されなければならない血を体内に逆流させる恐れがあると言うのです。
その逆流した血が体内に溜まっていくようになり、どろどろとした血になってしまって婦人科系の病気になる引き金になってしまいます。
ですから、できるだけ体外に血を出すようにした方がいいと言うことになります。

¥1260
¥1470
¥1890

>>子宮内膜症の本は、コチラから
>>子宮内膜症と漢方

コメントは受け付けていません。