子宮内膜症とは

子宮内膜症の子宮内膜とは、子宮の内側部分をおおっている粘膜の事を指していて、通常妊娠した場合には受精卵が着床をする場所です。
また妊娠をしなかった場合にはこの粘膜が子宮から剥がれて体外に血液と一緒に排出されることになっています。
これが月経です。
上記のような場合が通常の流れなのですが、子宮内膜症になると言うのはこの子宮の内側にある粘膜組織が、原因は何か分かりませんが他の場所に移り、かつ増殖してしまうのです。
月経と言うのは通常はだいたい1か月に1回あるもので、女性ホルモンの状態によって子宮内膜が剥がれたり、増殖したりすると言うことを指しています。
この剥がれるときの出血を月経と呼んでいます。
子宮内膜症の場合にも月経と同じように出血をするのですが、生理として体外に排出されるというものではなく、正常に体外に排出できないということになります。
この子宮以外のところで増殖してしまった内膜組織の出血というのは体外には正常に排出されませんので、子宮内膜ができてしまったところに溜まっていくことになってしまいます。
そうすることによって、炎症を起こしたり、癒着を起こしたりしてしまうことになるということです。
正常ではないのですから、月経のときに月経痛などで身体がシグナルを出しているということになります。
ですから、そのシグナルを見落とさずに、病院に行くと言うことが大切となります。

¥1260
¥1470
¥1890

>>子宮内膜症の本は、コチラから
>>子宮内膜症と漢方

コメントは受け付けていません。