不妊症で悩んでいる人の2割~3割が子宮内膜症

女性は男性と違った身体のメカニズムを持っています。
女性の生理と言うのは初潮が始まってから閉経するまで、年齢にすると10代~60歳くらいまででしょうか、基本的には毎月生理が来ますよね。
生理と言うのは女性特有の生理現象で、子供を産む準備を体がしているということになります。
ただ、生理が来ると子供を産むことができると言うことは分かるのですが、そのメカニズムと言うのは難しいところがあるので、まだまだ解明しきれてないところがあるようです。
その中で女性特有の病気と言うのがあるのですが、子宮内膜症という病気は多くの方が悩まれているようです。
子宮内膜とは子宮の内側部分を被っている内膜組織のことで、正常であれば通常は月経時に出血と共に内膜組織が体外に排出されるようになるのですが、子宮内膜症になってしまうと何らかの原因で内膜組織が子宮以外の器官に移ってしまい、それが月経周期に合わせて体外に出血と共に排出されるようになります。
子宮内膜症を処置せずに放っておくと、症状はもちろん悪化してしまいます。
その内膜が子宮から卵巣への通路に癒着してしまうと、通路が塞がってしまうために、不妊症の原因にもなってしまう可能性があります。
実際に不妊症で悩んでいる人の2割~3割が子宮内膜症という診断になっているそうです。
このように月経がある年齢の場合にはいつでも子宮内膜症になる可能性がありますので、定期的に専門の期間に行って受診してみることをおすすめします。

¥5119
¥18900
¥6300

>>子宮内膜症の本は、コチラから
>>子宮内膜症と漢方

コメントは受け付けていません。