不妊の原因のひとつである子宮内膜症

子宮内膜症と言うのは不妊症になる大きな原因のひとつと言えます。
通常子宮にできるはずの内膜が卵巣にできてしまうと、卵巣の中で子宮の中で起こるような内膜組織の増殖と剥離が繰り返されるようになるために、卵巣内で生理が起こるたびに出血が起こるようになります。
卵巣の中で出血が起きたとしても排出されるところがないために、卵巣内に血液が溜まっていくことになってしまいます。
こういった状態のことを「チョコレート嚢腫」と言うのですが、この状態になってしまうと卵巣が腫れてしまい、排卵障害になってしまう可能性が大きくなるのです。
それが不妊の原因となってしまう訳です。
また、子宮筋層というところに子宮内膜ができてしまっても着床障害という障害が起きやすくなってしまうために不妊症の原因になってしまう可能性があります。
子宮で子宮内膜が増殖して剥離するという状態を繰り返すのは正常なことなのでいいのですが、子宮以外のところで出血を繰り返してしまうことによって、その子宮内膜ができた部分に癒着が起こってしまうことになります。
その癒着が起きる場所が卵管や卵管周辺だとした場合、卵管障害に結びついてしまって不妊症の原因になってしまうのです。
こういった状況を考えても、子宮内膜症が不妊症の大きな原因のひとつであることがうかがえると思います。
また最近ではこの子宮内膜症になってしまう人が増えていることもあって悩みの種だと思います。
まずは定期健診をすることから始めてみてはいかがでしょうか。
それが不妊症にならないための第一歩になると思います。

¥1680
¥2590
¥2275

>>子宮内膜症の本は、コチラから
>>子宮内膜症と漢方

コメントは受け付けていません。