子宮内膜症

少子化や晩婚化に伴い増加傾向にあります。

本来、子宮内膜にある組織が、卵巣や卵管など子宮の外側に出来てしまう病気で、子宮内の内膜組織が経血として膣から排出されるのに対し、子宮外にできてしまった内膜組織はその場にたまって出血。

周辺の臓器に癒着して痛みを増幅させたりします。

原因についてはまだ解明されていません。

 

診断

診断は、内診と超音波断層撮影によって行われますが、診断が難しく、

採血による腫瘍マーカーと画像検査としてのCTやMRI検査、腹腔鏡による検査が

行われることがあります。

治療は薬物療法と手術療法や、これらの併用療法があります。

コメントは受け付けていません。