40代からの美しさの鍵

40代からの美しさの鍵その正体は、
女性ホルモンバランス でした。スキンケアにしても、ライフワークにしても、これまでと変わらないはずなのに“何か”が違う。
そのひとつに 女性ホルモンバランス が大きく関係していたのです。
年代別 女性ホルモンバランス (エストロゲン)の変化と影響力
女性の一生に大きくかかわる 女性ホルモンバランス
その分泌量は、年代によって変化します。
それに伴い、体にさまざまな変化が起こります。
10代~20代
妊娠・出産に向けて徐々に増加
『成長期』
初潮から20代前半にかけてエストロゲンの分泌量が徐々に多くなっていきますが、まだ不安定なため、量や期間、
無月経など、月経異常に悩まされやすい。
20代~30代
妊娠・出産に最も適した成熟期
『成熟期』
この時期はエストロゲンの量も安定し、月経も規則的になるため、女性としてもっとも安定している時期。
このあたりの妊娠・出産がベスト。
30代~40代
不調を感じ始めるプレ更年期
『プレ更年期』
エストロゲンの量が徐々に減ることにより、月経周期が短くなります。
また、めまいや立ちくらみ、疲れやすいなどの症状が現れることもあります。
40代~50代
本格的な更年期から閉経へ
『更年期』
閉経前は自律神経が乱れやすくなり、さまざまな不調が。
閉経後は、エストロゲンが減ることで、骨粗しょう症や脳梗塞など欠陥の病気のリスクが増加。
肌、体、心を左右する 女性ホルモンバランス
女性は、肌、体、心など、すべて 女性ホルモンバランス にコントロールされています
女性ホルモンバランス は、妊娠を助けるホルモンであるプロゲステロン(黄体ホルモン)と
女性らしさのホルモンであるエストロゲン(卵胞ホルモン)に支配されています。
ここで注目したいのは、エストロゲン。
自律神経、感情の働き、骨、皮膚など、体の働きすべてにおいて大きくかかわっているのが
エストロゲンなのです。
つまり、 女性ホルモンバランス が乱れると、体のあらゆるところに変調が現れてくるのです。
ホルモンの変化は 前向きに対処して
そんな 女性ホルモンバランス の変調を受けやすいのが40代~50代です。
40代になると卵巣から分泌されるエストロゲンの量が徐々に減少し、
肌、体、心にさまざまな不調が現れることがあります。
閉経(平均50歳)前になると、より ホルモンバランス が乱れるため、
更年期の症状が現れます。
結婚や出産に関係なく、女性であれば皆、同じように老化して行く卵巣。
誰にでも起こる問題なだけに、上手に付き合って行く方法を見つけることが大切です。
そのためにもきちんと 女性ホルモンバランス の働きを知っておきましょう。
生活の見直しで解決策は見えてくる
女性は体の中にリズムがあるため、調子の差がはっきり出ます。
ですから、それを見逃さないようにすることが重要。
例えば、基礎体温を測り、 ホルモン の変動を実感することで
体の不調と関連付けるのもひとつの手段です。
また、仕事や人付き合いなどでストレスはたまっていないか、などを考え
まわりの人に理解してもらうことも大切です。
ホルモンバランス は、ストレスに影響されるので、日々の心がけ次第で
心と体のバランスを保つことも出来ます。
まさに、このような心がけこそが、美しい40代の鍵といえそうです。

コメントは受け付けていません。