週3回以上の適度な運動で成長ホルモン分泌アップ☆

週3回以上の適度な 運動成長ホルモン 分泌アップ!
イキイキとした 美肌 をつくり、骨を丈夫にするなど、人間に若さや
活力を与えてくれる 成長ホルモン
その分泌は、睡眠中のほか、 運動 後にも起こるのです。
運動 によって増えた乳酸が脳を刺激し、脳下垂体から 成長ホルモン
分泌させます。
毎日の生活に、 運動 を取り入れて 成長ホルモン の分泌を増やしましょう! 激しい 運動 の後は十分なクールダウンと
            抗酸化物質 たっぷりの食事を!




いきいきとした美しさをキープするためにも 運動 は欠かせません。
自分のペースで、水泳や、ヨガ、ウォーキングなどを週3回以上
続けていくと、効果的です。
ところが、激しい 運動 はかえって逆効果ですよ!
酸素を大量に取り入れるために 活性酸素 も増えてしまうからです。
そこで、激しい 運動 の後にはクールダウンとして、ストレッチを
3~5分行って 筋肉 内の疲労物質を除去し、 活性酸素 の発生を
抑えてあげましょう。
また、 活性酸素 による障害の発生を抑える、 抗酸化物質
(ビタミンCや、アーモンドなどに多く含まれるビタミンE、
 緑黄色野菜に含まれるβカロチンなど)も、意識して摂取
する習慣をつけてくださいね。

おすすめは、気軽にできるウォーキング☆



歩く事で血液が心臓へスムーズに戻り、新鮮な血液が全身に
めぐるようになって脳の動きが活発になり、全身の新陳代謝も
向上します。
また、 筋肉 は血液中の酸素の助けを借りて脂肪を燃やし、
エネルギーに姿を変えさせますから、歩けば歩くほどダイエット
効果も上がります。
歩くタイミングは、食事の3~4時間後が体への負担も少ないので
おすすめです。
食事抜きで 運動 すると低血糖の状態になりやすく、めまいなどの
症状が起こるなど危険です。
早朝などに歩く場合は、バナナなど、軽く腹ごしらえをしてから
出発しましょう!

試してみる?

足は第2の心臓です


足は心臓から最も離れたパーツなので、心臓の働きだけでは血液が
十分に補給されません。
そこで「歩く」という 運動 が心臓のポンプ作用を助けてくれるのです。
歩く事で、足の 筋肉 が収縮と弛緩を繰り返してポンプのように働き
筋肉 に支配されている血管の伸縮 運動 を活発にされて、血流を
促してくれるのですね。
この歩行時の足のポンプ作用から、足は「第2の心臓」とも呼ばれて
いるのです。


☆オススメ☆
ニューバランスのウォーキングシューズ
ポスチュアスタイリストのKIMIKOさんとの

コラボレーションで生まれたそうですよ





コメントは受け付けていません。