花粉症で上あごが痒くなる

花粉症の症状として挙げられるのは鼻水、クシャミ、涙、目の痒み、肌荒れなどありますが、私が個人的に一番辛いと思うのは口の中、上あごの痒みです。

上あごの奥の方、のどの入り口あたり?と言ったらいいのでしょうか、舌がギリギリ届くあたりの口の奥の方がザラザラブツブツした状態になり、痒くなります。

まずこの痒みを感じたら花粉症シーズンが始まったと思うくらいです。風邪の引き始めにも同じような痒みが出るので、私にとっては何かが体の中に入ってきたときのセンサーのような役割ではないかと思っています。

この症状、私だけかと思っていたのですが、先日病院でいつも一緒になる人に何気なく話したところ「私もなる!」と言うではありませんか。

その後、薬局で薬剤師さんに話していると、事務の人が「私も痒くなります」と言います。1人だと思っていたのが一気に仲間が増えて嬉しくなりました。

仲間が増えたところで誰も有効な対策を知らないので、お互い「辛いよねー」「痒いよねー」と言うだけですが、辛さを分かり合える人が身近にいるというのは心強いものです。

試しにネットで検索してみると、同じような悩みを持つ人が意外と多いことが分かりました。

皆さんの体験談を読み、分かる分かる!と共感しつつ、早く痒みが去るのを祈るばかりです。

コメントは受け付けていません。