秋の病、めまい

akisora

先日、買い物帰りに道でうずくまる高齢女性を見つけました。

しゃべることはできるのですが、手を貸しても立ち上がることができません。
すぐに救急車を呼び、待っている間は膝枕をして手を握り、休んでもらいました。

前夜から頭がふらーっとする感じがあり、歩いているときにも急にふらふらして動けなくなってしまったとのことでした。
そんな話をしながら救急車を待っていた時間は、消防署の場所から考えても5分以内でしたが長く感じられました。

秋はめまいや立ちくらみ、耳鳴りが起こりやすい季節です。
急激に気温が下がり、体が冷えて血流が悪くなること、水分の排出がうまくできずに体の水分バランスが崩れてしまうことが原因とされています。
また台風など気圧の変化もめまいや体のだるさを引き起こします。
この日は明け方に台風が最接近し、その後は急速に天候が回復していました。
急激な気圧の変化が女性の体にも負担になったのかもしれない、と思いました。

気圧の変化は仕方がないとして、水分バランスが原因のめまいは食生活でも防ぐことができます。

秋が旬の柿、梨、冬瓜は利尿効果が高いので、余分な水分を排出する手助けをしてくれます。
旬の物を食べてバランスのよい体作りを心がけたいです。

コメントは受け付けていません。