化粧品を選ぶときの注意

「良い化粧品」と「悪い化粧品」、違いは何でしょうか?
実は、「良い化粧品」と「悪い化粧品」、というものは、基本的にはありません。
自分の肌と、自分のニーズに合うかどうか、なのですね。
化粧品選びは、洋服を選ぶ感覚でよい、と思って良いでしょう。
美容ですから、基本的には自分が好きなもの、でよいのです。

 

ブランド志向もあり、個性は志向もあり、数種のメーカーのものを混ぜて使いこなす、というのも、もちろんOKです。^^
香料が入っていても、かぶれなければ別にかまわないのです。
自分が好きな香りにはリラックス効果もありますから、決して悪いとはいえません。
ただし!
肌の調子が悪い、という場合は潔く取り替えましょう。
また、はじめは良いと思っていたけれど、長く使っていくうちに肌の調子があまりよくない、ということもあります。
「一時的に悪化して、その後よくなる」などと思ってそのまま使い続ける人がいますが、それだけはやめましょう。
より悪化してしまう事の方が、圧倒的に多く、また、あまりに悪化してしまうと、しみが残るなどのトラブルを招く恐れもあります。
環境や、年齢によって、スキンケアの方法も変わってきます。
技術の進歩により、良い製品が出てくることもあります。
自分の肌の調子を、よく見極めた上で、いろいろな化粧品にチャレンジしてみるのも、よいでしょう。
ただし、やはり実際に買い換えるときは、慎重に。
できれば、サンプルなどから使ってみる方が良いでしょう。
また、その化粧品を使う目的は、保湿なのか、美白やアンチエイジングなどの効果を期待するものか、きちんと目的意識を持って選ぶことも必要ですね。
肌の調子が悪いときは、新しいものを試すには適さない時期ですが、「調子が悪いから替えたい」という事もあるでしょう。
その場合は、保湿用だけ替えるようにして、あまりいろいろな成分が入っているものは避けて選んだ方が良いでしょう。

 

化粧品を変えるときは、まずはトライアルセットで実際に試してみてから、がオススメです。

 

>>おすすめトライアルセット特集

 

 

 

コメントは受け付けていません。