プラセンタサプリをどうやって選んでいますか?私は配合量で選びます

プラセンタサプリって、どうやって選んでいますか?snova01

 

豚由来や馬由来、植物由来など、原料は様々。
値段もマチマチ。

どれを選ぼうか、途方にくれるほどです。

 

国産にこだわったり、値段にこだわったり。
比べるポイントや選び方は、人それぞれですね。

 

私が一番こだわっているポイントは、配合量です。

プラセンタの配合量が少なければ、高い効果は期待できません。

 

でも、これを比較するのはとてもやっかい。
商品によって、表示方法が違うからです。

値段が高い=高配合量とは限りません。

 

基本は原末(エキス末)換算。
プラセンタエキスから、余計な水分を飛ばした状態が原末。
この原末量で比較します。

 

エキス換算で高い数字が表示されていても、濃度はマチマチ。
原末換算すると「えっ、これだけ?」ってこともあるんです。

 

信頼できるメーカーは、サイトのどこかに明記しています。
小さく目立たない様に書かれている場合も多いです。

 

この量じゃ、隠したい気持ちもわかる!
そんな商品もあります。

 

でも明記しているだけマシ。
逆に、どこを探しても見つからないサイトは、どうなのかな~って思っちゃいます。

 

そんなときは、比較サイトへ。
ありがたいことに、ちゃんと調べて原末換算で比較してくれている人がいます。
比較の仕方も、そういうサイトで教わりました。

 

プラセンタ原末量が少ないからと、一概に悪い商品と決めることはできません。

 

他の美容成分がたっぷり含まれたプラセンタサプリもあるからです。
中には、オールインワンサプリと呼んだ方がピッタリなのでは、と思う商品も。

 

プラセンタサプリは、奥が深くて難しい。
しばらくは、試行錯誤の日々が続きそうです。

 

コメントは受け付けていません。