ワキガや多汗症は病気ではありません

ワキガや多汗症は病気ではありません。
病気ではありませんが、本人にとっては、とてもコンプレックスになりますよね。
ワキガや多汗症は、正しい治療を行っていけば、必ず治すことができるといわれています。

ワキガや多汗症の治療は、選ぶ美容外科によって、採用している治療の方法はさまざまですが、治療すれば、ワキガや多汗症も治るといわれています。
従来、わきの汗や、わきの匂いを抑えたりする方法は手術に頼るしかありませんでした。
しかし、今は手術の必要なく、ボトックス・ディスポート注入など、簡単な汗の分泌を抑える方法も、開発されています。

従来の手術では、ワキガ・多汗症の治療はリスクが心配でしたが、最近では治療時間も短く簡単になった事から、治療を受ける人も増えているようです。
また、わきのレーザー脱毛と併用するとより効果的のようです。

ワキガと多汗症の治療について

ワキガや多汗症の治療は、選ぶ美容外科によって、採用している治療の方法はさまざまですが、次のような方法があります

吸引法

「脂肪吸引」と同じ要領で行われます。
手術時間が短いというメリットがありますが、取り残しが多く、ワキガ・多汗症が再発することがあります。

切開法

脇の下を切開し、皮膚を反転、裏返して汗腺を1個1個切除またはレーザーで焼却する方法です。
現在では行われることが少なくなっています

皮下組織削除法

わきの下の皮膚の裏側を剥がし、皮膚を薄く削り取る方法です。
難しい手術のためドクターの技術によって効果が不安定で、術後の固定を厳密に行う必要があり、場合によっては入院が必要です

超音波法

ハンドピースという器具の先端の振動により、その衝撃でアポクリン腺を破壊する治療法です。
肝臓を切る時などに使われる超音波メスと同じ装置で、硬い組織を残して、柔らかい部分だけを壊す方法です。
超音波によりヤケドを起こすことがあるため慎重に行なわなければなりません。

レーザー治療法

レーザーを照射することで、メスを使わず切らずに汗腺組織を燃焼させ治療する方法です。
しかし、長期的な手術後の症例などはなく、効果は一時的で根治にはなりません

ボトックス法

ボトックスを注射することで、発汗に関係する神経の働きを抑え、汗腺の機能を一時的になくす方法です。
半年ほど発汗を抑えることができますが、持続的に効果を期待する場合は、再治療が必要となります。
この方法は日常生活に制限をもうける事がなく、単に注射するだけですので簡便に行うことが出来ます。

ワキガと多汗症の手術

従来のワキガ・多汗症の手術は、リスクが心配でしたが、最近では治療時間も短く簡単な方法が開発されています。
ただし、ワキガ・多汗症の手術、治療を行う美容外科により治療法は異なります。
また、最新の治療法などは、美容外科により行っていないところもあります。

超音波法

ワキガや多汗症治療として最先端治療法です。
脇下の皮膚を小さく切開し、挿入した超音波発生器で、超音波を発生させ、振動で汗腺類を破壊させてから吸引する方法です。
超音波を使うことで血管などを傷つけることなく、わきが・多汗症の再発がありません。

皮下組織吸引法

「脂肪吸引」と同じ機械・方法です。
脂肪吸引と同じ脇下皮膚に小さな穴を開け、細い管を通して、そこから汗腺類を吸い取ります。
この方法は術後傷跡がほとんど残らず回復も早いため、現在はこの方式がいろいろな病院でわきが・多汗症治療法として幅広く採用されていす。
手術時間が短いというメリットがありますが、取り残しが多く、わきが、多汗症が再発することがあります。

皮下組織削除法

ローラーと刃のついた器具を用い、わきの下の皮膚の裏側を剥がし、皮膚を薄く削り取る方法。
真皮の下層を削り取ることもできるので、エクリン腺も取れます。
難しい手術のためドクターの技術によって効果が不安定で、術後の固定を厳密に行う必要があり、場合によっては入院が必要です。
手術時間は1時間程度で、傷跡は3~4cmほどです。
この専用器具は高度な技術を必要としますが、うまくできれば取り除きにくい皮脂腺やエクリン腺までもそぎ取れます。
しかし、脇下に数箇所の傷跡が残り、皮膚を薄く削るため黒ずみが残りやすいので注意が必要です。

皮下組織掻爬法

脇下に小さな切開を施し、その穴から術器を挿入して、汗腺類を掻きだす方法です。
ほとんど皮膚を切らないため傷跡は残りませんが、あらゆる方向に脇下の皮膚裏を引っ掻くため、周辺組織まで傷つける恐れがあります。
そのため、術後回復の遅れを恐れるあまり汗腺類を取り残してしまう場合が多いのが現状です。

剪除法

脇下に切込みを入れ、わきの下の皮膚をめくり、皮膚を裏返しにして、アポクリン汗腺を一つ一つ切り取っていく方法です。
最も一般的な方法ですが、傷跡が5~7cmと大きく、場合によっては入院も必要になります。
またドクターの技術によって結果が大きく左右されます。
アポクリン汗腺を一つ一つ丁寧に除去していくので、わきがには効果的です。
しかし、エクリン汗腺はアポクリン汗腺よりもはるかに小さく、皮膚表面に最も近い位置に存在するため、皮膚を切開し裏返しても見えにくく、取り除けないため多汗症を軽減することは、ほとんど不可能です。
現在では、上記の手術法を基本に、超音波法やレーザー法などを併用したり、美容外科独自の方法を採用しているところもあります。

コメントは受け付けていません。