プチ整形で二重に

プチ整形はメスを使わない美容整形のことで、なかでも、二重まぶたにするための埋没法はとても人気があります。
埋没法は腫れが少ないと言われていますが、腫れには個人差があります。
周りに気付かれずに二重のプチ整形を受ける場合には、腫れる事も計算しておきましょう。
料金・値段は、美容外科や手術内容により異なります。
 

プチ整形、埋没法で二重まぶたに!

プチ整形とは、メスを使わない美容整形のことで、なかでも、二重まぶたにするための埋没法は、とても人気があります。
プチ整形は、手軽にできる美容整形として注目を集めていますが、その効果や出来栄えは、医師の技術により大きく左右されてしまうようです。

プチ整形で二重まぶたになるためには、埋没法と切開法があります。
埋没法で二重になる方法は、目の美容整形の中で最も有名な方法ですね。
埋没法は、糸で二重のくせをつける方法です。
この時に使った糸は埋没したままとなり、抜糸の必要はありません。
抜糸する事により、元に戻す事ができるということも、プチ整形が人気の理由のひとつでしょう。

しかし、プチ整形で埋没法を行ってから年数が経ってから抜糸をしても、元に戻らない事が多いので、注意しましょう。
また、埋没法は誰でも手軽に二重まぶたにできる方法と言われていますが、まぶたの脂肪が多いと上手に二重まぶたにならない事もあるようです。
このような場合には、切開法を行ったり、切開法と埋没法を併用するとよいようです。

プチ整形の料金については、美容外科によってさまざまですし、その手技によっても値段が違ったりします。
また、やり直しの場合の保証が付いていたり、逆に諸費用が別に請求されたりするケースもあります。

美容整形の料金設定は、複雑でわかりにくいケースも多いので、自分に合った、美容整形の方法と、その料金について、きちんと担当医と相談しておきましょう。

プチ整形で二重に! 体験談と失敗例

プチ整形で二重にする埋没法は、リスクの少ない美容整形法と言われていますが、口コミや体験談を見てみると、失敗例とされるものも多く見つけることができます。
このような失敗例は、美容外科や美容外科のサイトなどには、なかなか掲載されないものですから、ブログや口コミサイトなどで探してみましょう。
まず、失敗例のなかでも問題となるものは、眼に障害を与えてしまうものです。

このような症例はほとんどないようですが、埋没したいとの結び目によって、眼の角膜に傷をつけてしまうことがあります。
また、角膜に傷をつけるほどではないにしても、違和感などが残り、充血してしまう、というケースもあります。
このような場合は、すぐに医療機関を受診するべきでしょう。

その他、体験談のなかで多い失敗例は、腫れに関する事と、形が納得いかない、と言うものです。
プチ整形と言っても、手術をするわけですから、ある程度の腫れは覚悟しておいたほうがよさそうです。

また、埋没糸の結び方などによっても、腫れ方が違ってくる事もあるようです。
二重の形が気に入らない、という失敗例については、やはり、カウンセリングをしっかり受けることが、失敗しないためのポイントでしょうか?

元々のまぶたの状態や理想の二重の形によっては、埋没法が適切でない場合もありますので、事前によく相談するようにしましょう。

プチ整形で二重に! 腫れについて

プチ整形で二重になる方法のうち、埋没法は手術時間も短く、腫れもほとんどない、と言われていますが、腫れについては、やはり個人差が大きいようです。
また、医師や病院側では、「腫れ」ではなく「むくみ」と解釈している場合もあるようです。

確かに、手術をするのだから、多少の腫れはあたりまえかもしれませんし、しばらく残る泣きはらしたような後は腫れとは言わずに「むくみ」程度のものなのかもしれません。

しかし、きれいになることを望んでいた本人にとって、また、「術後すぐにお化粧OK」「翌日から仕事にいける」などという宣伝を鵜呑みにし、しかも、まわりにナイショでプチ整形を受けていた場合には、目元の腫れは、一大事ですよね。

プチ整形でも、腫れます!このことは、しっかり認識しておいたほうが良いでしょう。
周りに気付かれずに、二重のプチ整形を受けるような場合には、しばらく学校や会社を休むなどの対策をとっておいたほうがよいかもしれません。
また、術後直後から翌日くらいまでは、しっかり冷やす、その後は温冷交代で血行を良くし、新陳代謝を高めることによって、腫れが早くひくそうです。

コメントは受け付けていません。