ホクロを取る美容整形について

ホクロは、どの部分にあるかで、印象がとても違ってきます。
部位によっては、とても魅力的に見えることもありますが、もし、鏡を見るたびにため息をつく・・・、というようなホクロなら、思い切って取ってしまう、という方法もあります。

ほくろ除去手術の方法と金額

ホクロを取る場合には、局部麻酔をし、CO2レーザーや、高周波メスでくりぬく、という方法が一般的です。
手術にかかる時間は、局所麻酔をして、簡単に取る方法では、1箇所くらいであれば5分くらいで済みます。
ほくろの部分を切って、その後縫うような手術をした場合には、1ヶ所15分くらいかかります。
手術時の痛みは、麻酔の注射のときの痛みがある程度で、レーザーで削るときの痛みは、ほとんど感じないようです。
ほくろ除去手術にかかる費用は、ホクロの大きさで決まることが多く、1ミリ2千円前後、というのが相場のようです。

ホクロを取る美容整形 手術における注意点

ホクロを取る場合、どのようなホクロか、で、手術の難しさが違ってきます。
浮き上がったホクロや、イボのようなものは比較的取りやすいようですが、大きすぎるホクロはとった後は、皮膚がえぐれてしまう、ということもあるかもしれません。
また、ホクロは表に出ている部分よりも、その下の皮膚のどの層にまで色素細胞があるのかによっても違ってきます。
もし、深いところにまで色素細胞がある場合には、まだ色素を形成していない状態であることもあるので、その場合には、上部の色のついている部分だけを取り除いても下部に残った(今はまだ)無色の色素細胞が表面に浮かび上がってきて新たに色素を形成してしまう、ということがあります。
このようなケースでは、せっかく一度ほくろを取り除いても、しばらくして新たに「ほくろが出てくる」という結果にも。
ホクロを取る場合には、ほくろのタイプをよく見極め、また、一度で終わらせるのではなく、数回に分けて徐々に取っていく、と考えた方が良いでしょう。
さらに、ほくろ除去の施術を行った後には、紫外線対策がとても大切です。
施術後の絆創膏をとった後には、紫外線を防ぐためにSPF20+以上のクリームをこまめにきちんと塗るようにしましょう。

CO2レーザーとは

CO2レーザーとは、レーザーの種類のひとつで、浅い部分に集中的に当てるのに、適しているレーザーです。

コメントは受け付けていません。