プチ整形で二重になっちゃおう

プチ整形の中でも、二重まぶたにするプチ整形は特に人気があります。
手軽にできると、人気が高まっていますが、中には腫れてしまったり、と失敗例もあります。
このページでは、二重にするプチ整形を失敗しないために、口コミや失敗しないための注意点を掲載しています。

二重のプチ整形 口コミは?

プチ整形で二重にする美容整形は、プチ整形とも呼ばれ、人気のある美容整形です。
この、二重のプチ整形とは、埋没法と呼ばれるもので、メスによる切開も必要とせず、手術時間も5~10分程度でできるようです。

また、もし二重にしてみて、なんらかのトラブルがあったり、二重が気に入らなかった場合でも、抜糸してしまえば元に戻す事ができます。
さらに、腫れなども少なく、美容整形をしたことがわからなくなるまでの期間がとても短い事も人気の理由でしょう。

実際にプチ整形で二重にした人の口コミを見てみると、術後の腫れやその後の経過など、かなり個人差があるようです。
プチ整形への不満としては、腫れが引かない、二重のラインが気に入らない、といったものが多いようです。
しっかりカウンセリングを受けていたり、周りの人も知っている、という人ほど、納得のいくプチ整形の結果となっているようです。

二重のプチ整形 失敗例は?

プチ整形で二重にしたケースの、失敗例としては、術後の腫れがなかなか引かない、二重のラインが気に入らない、といったものが多いようです。
プチ整形を行ってからしばらく経ってからでは、二重のラインが消えてきた、二重のラインが崩れてきた、眼に違和感が出てきた、といったものが
失敗例としてあげられています。

プチ整形といわれる埋没法で二重になる方法は、効果を永久的に保つものではなく、二重のラインがしばらくした後、消えてきてしまう、というものについては、仕方のないことかも知れませんね。

この二重を保つ期間や腫れは、まぶたの状態などにより、個人差があるようです。
また、プチ整形を行う際の、ドクターの手技の違いなどにもよるようです。
プチ整形で二重にする際に、失敗例と呼ばれるものについてのほとんどは、「見た目が気になる」というものでしょう。

「美しくなりたい」と思って受けたプチ整形ですから、それも、もっともです。
プチ整形を失敗で終わらせないためには、なんと言っても、担当医との綿密なカウンセリングが必要でしょう。

二重のプチ整形 腫れは?

プチ整形で二重にする手術では、「腫れにくい」ということが特徴の一つです。
といっても、まったく腫れない、というものではなく、また、腫れ方も個人差がかなりあるようです。
プチ整形直後から、それほど目立たなかった、というケースもあれば、1ヶ月以上経っても腫れが気になる、というケースもあります。

プチ整形を行った場所は、顔のなかでも特に目立つ目もとですし、本人が「なんとかしたい」と特に意識していた場所だけに、ドクターや周りから見たら、それほど気にならない程度のむくみ方でも、「腫れが気になる」という場合もあるでしょう。

いずれにせよ、プチ整形は腫れにくい、とはいっても、多少は腫れる、ということは理解したうえで、プチ整形を受けるようにしましょう。
また、プチ整形後、腫れを早くひかせるためには、プチ整形直後から翌日くらいまではよく冷やして、その後は、蒸しタオルなどを使い温冷交代で血行を良くする事がポイントのようです。

プチ整形の中でも、二重まぶたにするプチ整形は特に人気があります。
手軽にできると、人気が高まっていますが、中には腫れてしまったり、と失敗例もあります。

コメントは受け付けていません。