切開法とは

二重まぶたの美容法としては、埋没法と切開法が一般的です。
切開法のメリットは、よりクッキリとした二重にすることができる、ということと、二重にした後、元に戻らないという点です。
しかし、元に戻らないということは、失敗したと思っても、元に戻す事ができないということです。
切開法の症例写真や画像などを掲載しているサイトもたくさんあります。
いろいろな写真や画像を見て、自分のなりたい二重のイメージをより明確にしていきましょう。
また、ブログや口コミサイトなどの体験談や失敗例も参考になります。

二重の美容整形 切開法について

「切開法」は希望の二重ラインに沿って切開し、余分な皮膚や脂肪を取り除いて二重まぶたを作る手術方法です。
埋没法では元に戻ってしまうケース、瞼のたるみが強いケース、またよりくっきりしたラインを希望するケースに適しています。
縫合部位は、二重のラインに沿って行なわれますので、傷跡は目立ちにくいようです。
また、切開法による二重の美容整形は、抜糸が必要となります。また、埋没法に比べて、腫れもあるようです。


切開法を失敗しないために

二重まぶたのための切開法ですが、埋没法と比べると「元に戻らない」というメリットがあります。反面、もし、二重のラインが気に入らなかったとしても、「元に戻せない」というデメリットでもあるわけです。ですから、切開法を「失敗」としないためには、カウンセリングで、「自分のなりたい二重を明確にする」必要があります。
最近では、埋没法で自分にあった二重のスタイルを確かめてから、切開法を行ない、確実に二重にする、という方法を取る方もいるようです。埋没法と、切開法、両方を受けるわけですから、二度手間のようではありますが、切開法後は元にもで背ないわけですから、賢い方法かもしれませんね。


切開法体験者のブログから

切開法を受ける前に、切開法を実際に受けた体験者のブログなどを参考にして見ましょう。

ブログなど、体験者の意見は大変参考になります。インターネットで実際に検索してみると、二重まぶたの切開法を行う
美容外科のサイトばかりが目立つかもしれません。

上位のサイトには、成功例の体験談やきれいな写真や画像ばかりが掲載されていて、失敗例などは見つけにくいかもしれませんが、細かく探して見ましょう。ブログなどで、実際に切開法で二重にした体験談は、失敗例ばかりではなく、どうすれば失敗しないのか、学ぶ事もできます。

また、切開法で二重にした場合の、経過も知ることができますね。そのうえで、実際に切開法を行ってもらう美容外科へ行き、
しっかりカウンセリングを受けてきましょう。切開法の美容整形を失敗に終わらせないためには、カウンセリングをしっかり受けること、このことも大きいポイントかと思います。

コメントは受け付けていません。