歯並びと審美歯科について

 

わずか15分で輝くような白い歯に!トライアルホワイトニング実施中!

 

歯は、健康のためにも大切にしましょう

歯は、健康のためにも、大切な役割を果たしています。
最近では、虫歯治療だけではなく、むし歯予防、口腔内の環境を整える、歯のホワイトニング、歯並びなどに気を使う方も増えています。
今までのように、虫歯になってから歯医者に行くのではなく、むし歯治療以外で歯医者や審美歯科に通うケースが増えているようです。

審美歯科とは、どのようなものなのか。

歯の矯正について。

歯のエステ、ホワイトニングについてなど、気になることを調べていきます。

皆様の歯の健康にお役に立てるサイトになれば幸いです。

「歯並びと審美歯科」カテゴリと内容

審美歯科でホワイトニング 口コミと料金について

審美歯科で行われるホワイトニングについて。最近では、審美歯科という言葉も一般的になりました。審美歯科では、一般的な歯医者とは違い、見た目や、口元の全体のバランスを考えた治療をアドバイスしてくれます。審美歯科でのホワイトニングは注目を集めています。料金は保険適用ではないので、審美歯科によりばらつきがあります。クチコミなども利用して、上手に審美歯科を選びましょう。

歯の矯正 子供の歯の矯正・保険は使えるの?

歯の矯正とは、悪い歯ならびや噛み合わせを、きちんと噛み合うようにして、きれいな歯ならびにする歯科治療です。しかし、歯の矯正に関しては、健康保険適用外であるため(一部対象)、料金は、各歯科医院ごとに異なる。矯正自体も、ケースにより異なるため、価格については、歯科医院に問い合わせてみましょう。

歯の矯正費用について

歯の矯正費用には、一般的に健康保険が適用されません。歯列矯正をする、各歯科医院によって、また、歯の状態や年齢などによっても、歯の矯正費用は違ってきます。一般的な歯列矯正費用としては、子供の場合は、40万円前後、大人の場合は70万円から100万円前後は必要なようです。

芸能人みたいなきれいな歯にあこがれます!

歯がきれいってすてきですよね。少し前には、「芸能人は歯が命」なんてCMもありましたが、歯が白いと清潔感がありますし、健康的で若々しく見えます。2007年オリコンが「キレイな歯だと思う有名人は?」というアンケート調査を実施したところ、男性では、新庄剛志さん、東幹久さん、福山雅治さん、坂口憲二さんなどがランクイン。女性では、仲間由紀恵さん、上野樹里さん、松嶋菜々子さんが選ばれていました。

歯のホワイトニング

歯のホワイトニングには、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングという方法があります。ホームホワイトニングは自宅で行うホワイトニングの方法で、オフィスホワイトニングに比べて値段も安く、効果も長持ちする、といわれています。歯のホワイトニングの料金は、各医院によって違います。ホワイトニングを始める前には、むし歯や歯周病などは治しておく必要があるので、カウンセリングを受けて料金なども確認しておきましょう。

歯のクリーニングと費用について

歯のクリーニングとは、歯科医師、歯科衛生士が専門的な器械とフッ素入り研磨ジェルを使って行う歯のクリーニングのことで、専門的なものには、PMTCというものがあります。歯のクリーニングには健康保険は使えませんが、歯石除去などの処置には、保険が適用となる場合もあります。歯のクリーニングにかかる費用は、むし歯などになってからの治療費用のことを考えれば安いほうかもしれませんね。

出っ歯は矯正できる? 出っ歯の原因と治療

出っ歯(でっぱ)とは上の歯が前に出ている状態のことで、上顎前突(じょうがくぜんとつ)と言います。出っ歯を治すには、歯列矯正という治療法が一般的です。出っ歯の原因としておしゃぶりや指しゃぶりなどがあげられることがありますが、これは3歳くらいまでなら問題はないようです。出っ歯の治し方は、歯医者で相談しましょう。

出っ歯矯正について

出っ歯の矯正といっても、出っ歯の前歯だけ下げればいい、というわけではなく、出っ歯の原因は,顎骨や歯列全体の異常である事がほとんどなので全顎的な矯正治療が必要となる場合がほとんどです。出っ歯の矯正にかかる費用や料金システムは、各歯科医院によってさまざまです。出っ歯で悩んでいる場合は、治療法なども含めて、検査・相談に行ってみましょう。出っ歯の症例写真なども見せてもらえる事もあります。

赤ちゃんのおしゃぶりと出っ歯の気になる関係

赤ちゃんのおしゃぶりは出っ歯に関係するのか、と心配する親も多いようです。出っ歯になる原因はいろいろありますが、3歳を過ぎての指しゃぶりのくせは、歯ならびに悪影響を与えるようです。また、出っ歯と口呼吸の関係も指摘されていますが、正しい鼻呼吸の癖をつけるために、おしゃぶりを薦める専門家もいます。ただし、この場合には、発育段階に合わせたおしゃぶりを使い、やはり3歳までにはおしゃぶりも外したほうが良いようです。

「美容整形の基礎知識」 メニュー

・美容整形で憧れの二重まぶたに

二重まぶたの美容整形について

・きれいな胸に憧れて

豊胸術について

・この脂肪、何とかしたい!

脂肪吸引と脂肪融解について

・しみ、しわ、タルミをなんとかしたい

若返りの美容整形について

・気になるワキガ・多汗症

ワキガ・多汗症の美容整形について

・ちょっと気になるプチ整形

プチ整形について

・歯並びと審美歯科

歯並びと審美歯科について

コメントは受け付けていません。