シワを取る

ボトックス注射とヒアルロン酸でシワを取る

 

表情を買えたと気におでこや目尻にシワができ始めた人、
無表情ではまだ目立たない、という人、さらに、
その気になる場所が顔の上半分であるならば、ボトックス注射が効果的です。
シワの程度によっては、ヒアルロン酸と併用する場合もあります。
表情筋で出来る、顔の上半分のシワには、ボトックス注射、表情金とは無関係に出来てしまう、顔の下半分のしわには、ヒアルロン酸注入が向いているようです。
しわの部分に、ヒアルロン酸を注入する場合に、一度に大量に打ってしまったり、皮膚の浅いそうに打ちすぎてしまうと、
毛細血管が浮き出て赤くなってしまったり、皮膚が死んでしまう、という恐れもありますから、数ヶ月かけて、少しずつヒアルロン酸を注入していくのが理想的です。


ボトックス、ヒアルロン酸の術後

ヒアルロン酸、ボトックスともに、効果が持続するのは数ヶ月から半年くらいまでです。
この、持続期間については、個人差もありますし、口もとのようによく動く場所は、ヒアルロン酸の吸収が早くなりますから、持続期間も短くなります。
効果期間を長くするためには、やはり、シワを作るような表情を控える事です。
おでこにしわを寄せたり、眉間にシワを作ったり・・・、そのような表情を控えたり、シワになる部分のケアに日頃から気をつけるようにすると、持続期間を長くする効果があるようです。
一般的な、「シワ対策」ですね^^
施術にかかる時間については、ボトックスを行う場合、おでこで10分、眉間や目尻で15分くらいかかります。
また、数箇所を一度に行うことも出来ます。
ヒアルロン酸注入を行う場合には、少量ずつ注入していくため、部位によりますが、20~30分かかるようです。
注入時の痛みについては、麻酔はしないのが一般的で、やはり、「注射の痛み」は、もちろんあります。
ボトックス注射に比べると、ヒアルロン酸注入のほうが痛いようです。

コメントは受け付けていません。