フェイスリフト

フェイスリフトの美容整形には、さまざまな手術方法があります。
フェイスリフトには、内視鏡を用いて切開部分の小さいフェイスリフト・筋肉などの皮下組織を引っ張りあげずに行うフェイスリフト・SMASという皮下組織も引っ張るフェイスリフトなどがあります。
また、最近では、切らないフェイスリフトとしてアプトスやワプトスといったフェザーリフトと呼ばれる特殊な糸を使ったフェイスリフトも人気です。
また他にもフェイスリフトのようにリフトアップ効果が期待できる治療として、サーマクール、フォトRF、タイタン、ポラリスなどもあります。
フェイスリフトとは加齢による「しわ」や「たるみ」を目立たなくするための若返り(アンチエイジング)の美容整形です。

フェイスリフトの危険性

最近では、美容整形での副作用や危険性は、あまり心配入らない、といわれています。
しかし、美容整形は、見た目をとても気にしている人が受ける手術です。
副作用や後遺症などが、なかったとしても、美容整形後の結果が気に入らなければ、それは、美容整形を受けた人にとっては「失敗」といってもよいのではないでしょうか?
フェイスリフトは、もっとも目立つ「顔」の部分をいじる美容整形です。
フェイスリフトを受けるのかどうか、また、担当医などについても慎重に決めましょう。
フェイスリフトは、ドクターの技術とセンスに左右されるようです。
カウンセリングを十分に受け、また、フェイスリフトの結果が思い通りでなかった場合についても、よく話し合っておきましょう。
フェイスリフトには、さまざまな方法があります。
自分の理想に近づけるためには、どのような方法が最も適しているのかを、よく検討する必要があるでしょう。

フェイスリフト手術後のアフターケア

フェイスリフトは、最も目立つ「顔」の部分の美容整形です。
あまり、考えたくないかもしれませんが、「失敗」した(理想どおりにならなかった)場合についても、担当医と、しっかり話し合っておきましょう。
美容整形は、個人ごとに、オーダーメイドの手術です。
手術前の状態、希望の状態などにあわせて、ドクターが創意工夫しながら行うことになりますので、後で問題が起こっても、担当医以外では、対応が難しくなる事もあります。
また、フェイスリフト手術後の一般的なアフターケアについてですが、施術当日は顔面を冷やしたほうが、腫れを最小限に抑えられるようです。

コメントは受け付けていません。