ケミカルピーリング

ケミカルピーリングとは、主に酸によって皮膚を溶かし新しい肌を再生させ、キメの揃ったきれいな肌に生まれ変わることを期待する、というものです。
使用する薬品にはいろいろな種類があり、酸の強さや濃度、時間を調節することでどの深さまでピーリングをするのかが決まります。
最近では、気軽に自宅でできるようなピーリング用化粧品も多く販売されていますが、本格的にピーリングを行う場合には、皮膚科で行うほうが安心でしょう。
皮膚科でのピーリングには、現在、様々な手法が考案され実施されています。
ケミカルピーリング以外にもクリスタルピーリングやレーザーピーリングのような手法も存在します。
ピーリングは、その効果も高く評価されていますが、ピーリングによるトラブルも報告されています。
信頼できるところで、受けるようにしましょう。

ケミカルピーリングの効果と副作用

皮膚科で受けるピーリング治療は効果が高い反面、副作用のリスクも高くなりがちです。
ケミカルピーリングによる、腫れや炎症などの危害例の報告も多数あります。
ケミカルピーリングは、フルーツ酸の一種であるグリコール酸などの酸を塗り、皮膚表面の古い角質を取り除き細胞の活性化を促し、美しい肌を蘇らせます。
ケミカルピーリングは、特に、ニキビやニキビ痕に、高い効果が認められています。
しかし、ピーリングを行った際には、皮膚のバリア機能が低下していますので、細心の注意が必要です。

皮膚科で受けるケミカルピーリング

ケミカルピーリングとは、皮膚に化学薬品を塗り、皮膚を剥がすことによって起こりうる現象や効果を利用して行う治療のことです。
皮膚科で行われるケミカルピーリングでは、α-ヒドロキシ酸(グリコール酸、乳酸)、トリクロロ酢酸(TCA)、サリチル酸、ジェスナー液、レチノイン酸、ベーカーゴードン液、フェノール などが使われます。
これらの薬品をは、疾患や状態により、薬品の濃度を変えたり、時には数種類の薬剤を組み合わせて使用します。
主に使われている薬剤は、20~50%のAHA(グリコール酸)を使ったピーリングで、サリチル酸もよく使われます。
エステティックサロンなどでもピーリングは行われています。
エステで行われるピーリングは、皮膚科で行われるものより、軽いものですが、ケミカルピーリングは、トラブルの報告も多くあります。
皮膚科など、専門医で受けたほうが安心でしょう。

コメントは受け付けていません。