シミは紫外線によって作られる?そのメカニズムとは

紫外線を浴びるとなぜシミができてしまうのかご存知ですか。

紫外線は美肌の大敵です。
紫外線を浴びると肌は表皮の細胞を守るためにメラニンという色素を作ります。
メラニンは紫外線が真皮層に届かないようにブロックする働きがあり、通常なら皮膚の新陳代謝(ターンオーバー)によって排出されていきます。
ところが、紫外線を浴びすぎてしまったためにメラニンが過剰につくられすぎてしまったり、ターンバーの乱れによって排出しきれないと、肌に沈着してシミやそばかすになってしまいます。

また、肌のメラニンによって吸収されなかった紫外線(主に紫外線 A ・ U V A )は真皮層に達し、そこで活性酸素(フリーラジカル)を作ります。
活性酸素は皮膚にハリや弾力を与えるコラーゲンを破壊し、シワやたるみが生まれてしまうのです。

さに紫外線は美肌の大敵なのです。

コメントは受け付けていません。