紫外線の種類

太陽光線には、さまざまな種類があるんですよ。
UV-Cは、オゾン層で吸収されてしまいますが、UV-AとUV-Bの2種類は、オゾン層を通過して地上に届きます。
ですから、肌に影響を与えるのは、紫外線のUV-AとUV-Bの2種類です。
この2種類は、聞いたことも多いのではないでしょうか?

シミの原因となるのはUV-B、しわをつくるのはUV-A

さて、大変有名な2種類の紫外線ですが、UV-AとUV-Bの違いを知っていますか?
UV-Bは主に皮膚の表面に影響を与えています。
UV-Bが降り注ぐ強い日差しの中では、

シミのもととなるメラニン色素が作られていきます。
しみの原因となるのは、主にUV-Bです。
一方、UV-Aは、波長が長いために、
皮膚の深いところにまである真皮にまで影響を与えます。
真皮にまで届き、皮膚の内部をじわじわと傷つけていくのです。
真皮は、皮膚の一番深い部分で、皮膚のハリや弾力を保つ役割があります。
この真皮がUV-Aを浴びる事で、真皮の組織が異常を起こし皮膚は弾力を失ってハリを保てなくなっていきます。
そうして、たるんできた部分にしわができやすくなります。
一度傷つけられてしまった真皮は、なかなか元には戻りません。
最初は小さなシワでも、放っておくと、どんどん皮膚の弾力性がなくなって深くなり、「大じわ」として固定されてしまいます。

UV-Aは室内でも逃げられない!

UV-Aは、UV-Bを大量に浴びたときのように肌がヒリヒリすることはありません。

でも、UV-Aは雲や窓ガラスなども通り抜けて確実に私たちの皮膚の奥深くまで攻撃してくるのです。
ついつい「曇りの日だから大丈夫」「室内だから・・・。」などと油断してしまいがちですが、曇りの日でも、室内や車内の窓越しでも、UV-Aは確実に私たちの真皮にまで到達してきます。

曇りの日や、室内でも日光が入る場所では紫外線対策に気を配りましょう。

肌を守るためには、日焼け止めや日傘、帽子などで身を守りましょう。
冬や曇りの日でも、紫外線はゼロではありません。
少しずつでも、紫外線のダメージは必ず肌に蓄積されていきます。
紫外線対策は、一年中休みなく、です。
紫外線対策を毎日コツコツ続けていく事で、5年後、10年後の肌には必ず違いが出てくるはずです。

コメントは受け付けていません。