知っておきたい紫外線の基礎知識

キレイな肌のためには、紫外線対策はかかせません!
では、紫外線とはどのようなものなのか、
どのようなことに気をつければよいのか、
簡単にまとめてみました。1年間の紫外線
紫外線の量は、3月から増え始め、5~8月が最も多い時期となります。
冬でも紫外線はあるので、注意が必要です。
また、場所によっても違いがあり、
北よりも南の方が2倍近く多くなります。
1日の紫外線
正午をピークとして、午前10時から午前2時までが、
最も紫外線量が多くなります。
できれば、この時間帯の外出は避けたいトコロです。
外出が避けられない場合は、紫外線対策を念入りにしましょう。
自分のスケジュールをチェックしてみましょう。
肌のためには1年を通して、紫外線対策を続けましょう
地上に届く紫外線はUV-AとUV-Bの2種類です。
この2種類の紫外線こそが、お肌の大敵なのです。
UV-Bが降り注ぐ強い日差しの中では、しみの基となる
メラニン色素がつくられ、曇りの日や室内の窓越しでも
届いてくるUV-Aは、しわの原因となります。
肌を守るためには、サンスクリーン剤や日傘、帽子などで
「日光を浴びない」コトを徹底しましょう。
冬や曇りの日でも、紫外線はゼロではありませんよ!
少しずつでも、紫外線のダメージは肌に蓄積されていきます。
紫外線対策は、気を抜かずに!
1年中休みナシと心得ましょう!
サンスクリーン剤を塗る、帽子や日傘を使う、
といった紫外線対策を毎日コツコツ続けていくことで、
5年後の肌に違いが出るはずです。
がんばって続けてみましょう。

コメントは受け付けていません。