ニキビの原因

ニキビの原因

ニキビはよく見られる肌トラブルのひとつですが、なぜできるのかについては、意外と知られていないかもしれませんね。
にきびの大きな原因は「毛穴が詰まること」です。毛穴をつまらせるのは、皮脂腺から分泌された皮脂や、皮膚表面の汚れ、厚くなった角栓などです。
そこに、ニキビ菌と呼ばれる細菌が作用して炎症を起こすと「ニキビ」になるのです。

思春期のニキビの原因

ニキビの原因の一つは、過剰皮脂の分泌ですが、思春期には、成長ホルモンの影響でホルモンのバランスが崩れて、皮脂の分泌量が増える事からニキビが発生します。
10代の頃ににきびができやすいのはそのためです。
この、過剰な皮脂に雑菌が繁殖するのが思春期にできるニキビです。
皮膚の毛穴には、もともとニキビ菌(アクネ桿菌)とう菌が住み着いていますが、皮脂が過剰分泌することにより、この菌が悪さをし始めます。
人間の体は余分は脂肪を毛穴から出そうとするのですが、毛穴が汚れや古い角質などで毛穴が詰まってしまうと、ニキビ菌(アクネ桿菌)が詰まった皮脂などを栄養に炎症を起こします。
これがニキビの原因となります。
皮脂の分泌が落ち着いてくれば自然にニキビも落ち着いてきます。
特に思春期のニキビは、皮脂腺の多い、顔のTゾーンや、胸、背中に多く見られます。
また、思春期のニキビは、できてもすぐ治るケースが多いので、あまり心配する必要はありません。

大人ニキビの原因

最近、20歳を過ぎてからできる「大人ニキビ」に悩む方が増えてきています。
ニキビは一般に若い頃にできるものだと思っている人も多いようですが、しかし、ニキビは大人にもできるのです。
大人ニキビは主に、口の周りやあごの部分にできやすく、治りにくく、跡が残りやすいのが特徴です。
大人ニキビの原因は医学的にはよく分かっていないとされていますが、睡眠不足、ストレス不規則な生活などが積み重なってできることが
多いようです。
また、10代の頃にはできなかった乾燥肌の人でも、大人になってからにきびに悩まされる人も多くいます。
必ずしもオイリー肌の人ができるわけではありません。
これも、「大人ニキビ」の特徴でしょう。
大人になってできるニキビは、原因も複雑で多枝に渡っており、思春期の頃と比べて治りにくく、跡が残りやすいので、注意が必要です。
思春期の頃のニキビは、主に皮脂の分泌量によるものでしたが、大人ニキビの原因は皮脂の量だけではなく、化粧品による肌の汚れや
ストレス、睡眠不足、便秘や偏った食生活など、さまざまな原因で起こります。
また、女性ホルモンとも密接な関係があり、性周期に同調して、発生する事もあります。
さらに、毛包内に住み着く、毛包虫と呼ばれるダニが原因となることもあります。
原因はこのようにさまざまですが、いずれにしても、これらの事が誘因となり、ターンオーバーがうまく行かず、お肌が健全に新陳代謝できないことが、そもそもの原因となります。

男性ホルモンとニキビの関係

ニキビは男性ホルモンが多いとできる、とも言われる事があります。
しかし、本当に男性ホルモンがにきびの原因になるのは、疑問です。
実際、男性だからといってみんなにきびができているわけではありませんね。
ですから、男性ホルモンが多い事だけが、ニキビの原因とはいえないと思いますが、男性ホルモンがにきびの原因といわれる理由の一つに
男性ホルモンの皮脂腺における機能が関係しているということがあります。
皮脂の過剰分泌はニキビ発生の大きな原因となるからです。

 

しかし、男性ホルモンの量が多いからにきびになるのではなく、あくまでもホルモンのバランスの問題がニキビの原因になっているようです。

 



コメントは受け付けていません。