大人ニキビとは?

「ニキビ」といえば、思春期の頃にできるもの。
そんな風に思っている人も多いかもしれませんね。
思春期の頃は、ホルモンバランスが安定していないために、過剰に皮脂が分泌されてしまうのが原因でニキビが発生します。

 

 

ですから、「過剰な皮脂を取り除く」「皮膚を清潔にする」そんな基本的なケアで、治ってきます。
また、治った後も、ニキビ跡ができにくく、大人になって、ホルモンバランスが安定してくると、ニキビの症状はなくなっていくのが、一般的です。

 

しかし、最近では、大人になってもニキビに悩まされる人が増えてきています。
これがいわゆる『大人ニキビ』といわれるニキビです。
思春期のニキビは、できてもすぐ治りますが、大人のニキビは繰り返しでき、しかもシブトくなかなか治りません。
無理につぶすと跡が残ったり、色素が沈着してシミの原因となってしまったり…。
まずはそんな困ったニキビ、大人ニキビについて詳しく知り、その発生メカニズムを知りましょう。
まず、「大人ニキビ」って、どういうものなのでしょうか?

 

大人のニキビとは?

20~30歳の女性に発生するにきびです。
性周期に同調して、年間を通して繰り返し発生します。
肌のタイプには関係なく、顎や頬、鼻のまわりにできやすく、原因として各層機能の低下が考えられています。
大人のニキビは単に皮脂の分泌が過剰なために起きるわけではありません。
意外にも乾燥した肌にできることが多いため、皮脂を強力に落とすタイプの化粧品は肌をカサカサにしてしまう可能性もあるのです。
十分に保湿をすることが必要です。
過剰な皮脂に雑菌が繁殖するのが思春期にできるニキビの主な原因ですが、大人のニキビは、睡眠不足やホルモンバランスの乱れ、メイク汚れ、食生活など、様々な原因が重なって起こるため、治りにくい事が多く、きちんとしたケアをしないとニキビ後が残ってしまう事もあるのです。

 

思春期ニキビと大人ニキビの違いとは?

ニキビができる主な原因として、「毛穴が詰まる」ということがあります。
この毛穴をつまらせるのは、皮脂腺から分泌された皮脂や、皮膚表面の汚れ、厚くなった角質などです。
当然、皮脂が活発に分泌される思春期には、ニキビができる可能性が非常に高くなります。
ですが、年齢と共に皮脂は少なくなってくるもの。
ですから、年齢とともにニキビは発生しにくくなる、というのが、一般的です。
それなのに大人になってもニキビができる理由は何なのでしょう?
にきびの原因は、「毛穴のつまり」でしたね?
「皮脂の分泌」がそれほど過剰でなくても、お肌のターンオーバーがうまく行かず、角質が残っていれば、角栓が出来やすくなり、
その結果、思春期でもないのにニキビが頻発する、ということになるのです。
また、思春期ニキビはTゾーンに、大人ニキビはUゾーンに多発することが多いようです。
では、ニキビはどうしてできるのか?考えて見ましょう。

コメントは受け付けていません。