乾燥肌・敏感肌

乾燥肌敏感肌
・肌の構造(角質層について)
・乾燥肌とは?
・ 乾燥肌と敏感肌
乾燥肌とは?
敏感肌とは?
まずは、 肌の構造から考えてみましょう。 ■肌の構造(角質層について)
皮膚は、表皮、真皮、皮下組織から構成されていますが、
表皮の上、皮膚の一番外側に、角質層という部分があります。
角質層には、セラミドを中心とする細胞間脂質と
NMF(天然保湿因子)があり、角質層の水分を守っています。
角質層にある細胞間脂質は、ラメラ構造により、水分をしっかりと
つかんでいるため、肌は乾燥しにくい状態にあります。
また、外界からの刺激物質や細菌などを皮膚の中に入れない、
バリア機能がしっかりと働いています。
角質層はわずか2000分のmmの厚さしかありませんが、
15~40%の水分を含み、その下にある表皮や真皮、
さらに下のいろいろな組織を外界から守っています。
■乾燥肌とは?
この、角質層に水分をたっぷり含んだ状態が、
肌が潤っている状態であり、水分が少ない状態が
「乾燥肌」というわけです。
■乾燥肌と敏感肌
「私は、敏感肌なんだけど」という方も、多いですよね。
でも、実は、医学的には「敏感肌」というタイプはないのです。
では、「敏感肌」って、一体どんな肌なのでしょうか?
それは・・・
「敏感肌」だという人のほとんどは医学的には「乾燥肌」
だと考えられています。
乾燥肌の場合、角質層の水分量も皮脂の分泌量も少ないので、
外からの異物やちょっとした刺激から、皮膚を守る
バリア機能が弱くなっています。
そのため、化粧品や洗顔料、物理的な刺激など
ちょっとした事に反応しやすく、肌トラブルを起こしやすいのです。
また、アトピー性皮膚炎に代表されるように、
アレルギーを持っている人に乾燥肌が良く見られます。
でも、だからといって、すべてのものに反応を起こすような人は
ほとんどいません。
「敏感肌」=「乾燥肌」と考えて
保湿をしっかり行うことで、肌トラブルの多くは予防できます。

コメントは受け付けていません。