メイクが肌に残ると「シミ」になる?

メイクが肌に残ると、「シミ」になる。

 
そんな風に思っていませんか?

 
目もとのマスカラの黒いかすや、唇のシワに残った口紅。

 
しっかり落とさないと、そのままシミになってしまいそうで、がんばって、ゴシゴシ・・・。が、そんな心配は無用のようですよ。

 
「シミ」というのはメラニン色素で、化粧品の色素とは別物なのだそうです。

 
だから、化粧品の色素が皮膚に吸収されてメラニンに変わる、なんてことはないのです。

 
メイクアップ化粧品というのは粒子が大きく、肌に吸収されることはありません。

 
これが、吸収されてしまうとなると、怖くて、メイクなんてできないですよね^^
(いや、意外と楽かも?)

 
クレンジングのときに落としきれなかったメイクは、肌に残ったままになっている状態で、そのまま、吸収されて「シミ」になる、という事はありませんが、でも!

 
落とそうとして、無理にこすると、逆にそのことが刺激になって、「シミ」を誘発してしまう事があるそうです。

 
クレンジングは、やさしく、やさしく・・・。

 
もし、目もと・口もとがなんとなく黒ずんでいる、そんな人は、クレンジングのとき、ムリして、こすっていないか、見直してみましょう。

 

 

コメントは受け付けていません。