ニキビ肌のスキンケア

にきび肌の悩みは、大人になってからも抱えている人が少なくありませんが、にきび対策のスキンケアは何がいいのでしょう。

洗顔をした時に皮膚に残った石鹸かすや、毛穴に詰まった皮脂汚れからアクネ菌がふえるとニキビになります。 しっかりスキンケアをしておくことで、にきびになりにくい肌になります。

ニキビの原因である余分な皮脂や汚れが毛穴に詰まっているものを取り除くことでニキビを改善することが可能です。 肌のお手入れを十分にするためには、肌質に合う洗顔料を使って、毎日の洗顔をきちんと行いましょう。 ただし、洗顔料の洗う力が強すぎると、皮膚がもともと必要としている皮脂も落ちてしまいますので、適切な洗浄力の洗顔料にしてください。

スキンケアのベースとなる洗顔をしっかり行うことで、ニキビのないお肌をキープできます。 ゴシゴシこすると肌が痛みますので、泡でくるむように皮膚を洗い、ぬるま湯ですすぎます。 石鹸のあわが皮膚に残らないようにすることや、洗顔が終わったらすぐに保湿ケアをすることも必要です。 ニキビ肌専用の化粧水などでしっかりと潤いを補うようにしましょう。

洗い落とす力が適度なオイルフリーのクレンジング剤でメイクを落とし、お肌を刺激しすぎずにメイク落としをしましょう。 メイクをきちんと落とし、メイク汚れを肌に残さないことは、ニキビケアでは大事です。 適切なスキンケアを行うことで、ニキビ肌から脱却することができるといいます。

コメントは受け付けていません。