あなたはヒアルロン酸が不足しているかも・・・?

こんなお悩みありませんか?

 

  • 実年齢より老けて見られる。
  • 以前に比べ、表情が暗いと 言われるようになった。
  • お化粧のノリが悪くなった。
  • お肌にツヤが無くなり シワやタルミが気になる。
  • 肌の弾力が無くなり、 シーツ後がナカナカ取れない。
  • 入浴時、お肌が 水を弾かなくなった。
  • おでこや口元のまわりが粉をふく。
  • 唇が乾燥し、リップクリームが欠かせない。
  • 毛穴が開いているように見える。
  • テレビやパソコンのモニターを 長時間見つめるのがツライ。
  • 階段の上り下りがツライ。
  • 何をするにも調子が出ない。

そんなあなたは、ヒアルロン酸が不足しているかも・・・

ヒアルロン酸とは?

ヒアルロン酸とは、真皮を構成する成分で、ゼリー状の物質です。
1gで約6リットル(600倍)もの水分を保持するといわれています。
湿度によって左右されず、一定の効果が期待できます。
ヒアルロン酸ナトリウムとして配合されます。

ヒアルロン酸は年齢とともに減っていく

残念な事に年齢を重ねるにつれて、体内でのヒアルロン酸の合成能力は衰えていきます。
活性酵素などの影響でヒアルロン酸は20歳代をピークになり、その後減少の一途をたどっていきます。
ヒアルロン酸が減る事で私たちの身体は水分維持ができなくなり、顔や身体のフシブシに加齢サインとなって現れてきます。
コラーゲンやビタミンB2だけを補給してもヒアルロン酸をはじめとするムコ多糖類が不足していては、若々しさは保てません。
20歳代でも1日240mgのヒアルロン酸の摂取が理想とされています。

ヒアルロン酸の摂取方法

ヒアルロン酸は、サプリメント以外に食べ物から摂取することが出来ます。

しかし残念なことに、通常のヒアルロン酸は高分子なので消化吸収されにくい成分と言えます。
この問題を解決するため、酵素を用いたヒアルロン酸の低分子化技術が開発されました。

低分子ヒアルロン酸

吸収されにくかったヒアルロン酸は、この低分子化技術で飛躍的に吸収率が高まりました。
ヒアルロン酸は保湿に関わる大切な成分ですが、実はヒアルロン酸だけを大量に摂取したからといっても、あまり意味がありません。
潤いを補給するにはコラーゲンやコンドロイチン、グルコサミンなどのムコ多糖類を同時に摂取する事が大切です。

コメントは受け付けていません。