おばさん顔に見える?!

おばさん顔に見えるのは、『 たるみ 』のせい?!

おばさん顔に見えるのは、顔に肉がついた事だけが原因ではなくて、
たるんでいるから!・・・なのかもしれませんよ!

 

それは、『 たるみ 』のせいかも?!

たるみ は体重増加ではなく、新皮層と脂肪層の衰えから生じます。
まず、20歳ごろから真皮の下にある脂肪層が減り始め、30歳ごろからは真皮層の衰えも加わってきます。さらには エラスチン 繊維も衰えて、真皮層が柔軟性を無くしていくのですね。これらの結果、表皮を支える力が弱くなって、 たるみ ができてしまうのです。
特に目の下、ほお、鼻の横から口角、フェイスラインなどにたるみ を感じやすいのは、この部分に脂肪が多いためです。また、真皮層を支える 表情筋 の衰えも、 たるみ に影響を与えてしまいます。

 

 たるみ チェック法!

  1. 上を向き、手鏡を下からのぞく
  2. 手鏡を下に下ろし、上から見下ろすように顔を映し、1、と顔の印象に違いがないかチェック!どうですか?

1、の方がしまって見えたら、それは・・・。
試してみてはいかがでしょうか?

おばさん顔にならないための方法とは

500ml以下のサイズのペットボトルに少量の水を入れ、キャップ部分を唇で挟んで10秒間持ち上げる動作を3回繰り返します。このとき、歯は使わないで!慣れてきたら、水の量を少しずつ増やしていくのも良いでしょう。

日頃から、たびたび鏡で自分の顔を見て笑顔を作ったり、人と会って話をする、などして、常に顔に緊張感を持つように気をつけましょう。

「人と会う」というのが最も大切なのだそうです。
だらけた表情で過ごしていると、顔はずぐにたるんでしまいますよ!

コメントは受け付けていません。