アンチエイジングに人気の美容成分フラーレンとは?

107_0278P

フラーレンという成分を知っていますか?驚異的な抗酸化作用をもち、高いアンチエイジング効果が期待できると話題の美容成分です。最近では、“フラーレン配合”を全面に押し出したスキンケア化粧品も多く見かけるようになりました。今回はフラーレンとその美肌効果についてご紹介します。

Sponsored Links


フラーレンとは?

フラーレンとは、多数の炭素原子の集合体で、サッカーボールに似た構造をしている物質です。1996年度にノーベル化学賞を受賞しています。元々は産業素材として活用されていましたが、生体に適合する水溶性のフラーレンが開発されてからは、医薬品や化粧品など幅広い分野で利用されるようになりました。

フラーレンの美肌効果とは?

紫外線やストレスなどにより肌の内部で活性酸素が発生すると、シワやシミ、たるみ、毛穴の開きなど、肌の老化を引き起こす原因が作られます。フラーレンは、この活性酸素を吸着して除去する性質を持っています。そのためフラーレン配合の化粧品を継続的に使うことで、シワやシミ、たるみ、毛穴の開きが抑制され、高いアンチエイジング効果が期待できます。
フラーレンの抗酸化力はビタミンCの172倍。効果はなんと11時間も持続します。

活性酸素を抑制する効果

りんごを使った実験で、フラーレン配合の水を塗ったりんごの方が、入っていない水を塗ったりんごに比べて変色が少ない=酸化が少ないという結果が出ています。

メラニンの産生を抑制する効果

紫外線を照射した細胞にフラーレンを加えると、メラニン顆粒が減少するという実験結果が出ています。

シワ形成を抑制する効果

酸化物を添加した3D皮膚モデルにフラーレンを加えると、シワの形成が抑えられるという実験結果が出ています。

毛穴を引き締める効果

フラーレン配合の化粧品を3ヶ月使用したところ、使用前に比べ毛穴面積が小さくなったという結果が出ています。

フラーレン配合の化粧品を選ぶ際のポイント

フラーレンには、水溶性フラーレン(ラジカルスポンジ)と油溶性フラーレン(リポフラーレン)の2種類があります。肌にも水と脂が存在し、そのどちらにも活性酸素は発生します。そのため両方のフラーレンを使うことが重要です。

フラーレン配合の化粧品を選ぶ際にチェックしていただきたいポイントは、“R.F.マーク(ラジカルスポンジマークの略)”と“L.F.マーク(リポフラーレンマークの略)”です。この2つのマークは、フラーレンのライフサイエンス分野において研究開発を行っている企業「ビタミンC60バイオリサーチ株式会社」の登録商標。“水溶性”または“油溶性”のフラーレンが1%以上含まれ、ビタミンC60バイオリサーチ株式会社から許諾された商品にのみ表示されているマークです。選ぶ際の目安にしてくださいね。

最後に

数々の実験でアンチエイジング効果が証明されているフラーレン。年齢肌のサインに悩む世代にとっては、とても頼もしい存在です。
フラーレン配合のスキンケアで、錆びのない若々しい肌を目ざしてみてはいかがでしょうか。

Sponsored Links


コメントは受け付けていません。