フォトフェイシャル治療を受けた後に注意すべき点

フォロフェイシャルは手軽にできるアンチエイジング法として人気が高くなっています。 今回はフォトフェイシャル治療を受けたあとに注意すべき点について紹介します。

フォトフェイシャルの治療をした時に、気をつけなければならないことは何でしょうか。 紫外線に対する抵抗力が、フォトフェイシャル直後のお肌は低下しています。

フォトフェイシャルで治療を受ける目的の一つに、しわやしみのない肌になることがあります。 治療後の肌が敏感になっているところに紫外線が当たってしまうと、シミが再発することがあるので注意が必要です。 フォトフェイシャルによる治療を行った後は、UVカット効果がある帽子やサングラスなどを用いて、紫外線が顔に当たらないようにします。

フォトフェイシャルの治療を行うと、その後、シミが濃くなったように感じることがあります。 シミの部位がフォトフェイシャルの治療によって刺激されたことで起きるもので、何日かすれば改善しますので、慌てることは何もありません。

治療後に皮膚の赤みが強くなったり、頬がほてることもあります。 速やかに対処するには、ぬれタオルなどを使い顔のほてりを冷やすようにすることです。 フォトフェイシャルの光を照射するとかさぶたができる場合がありますが、刺激しないようにしましょう。 かさぶたは、フォトフェイシャル治療がうまくいっている証拠なので気にする必要はありません。 かさぶたを無理矢理剥がすと、そのために皮膚にダメージが残ってしまうということもあります。 フォトフェイシャルの治療をした部分にかさぶたができた時は、何もしないで放置することが一番です。

コメントは受け付けていません。