手作りで甘酒シャーベット

友人宅へ遊びに行ったとき、おやつにシャーベットが出てきました。

暖房の効いた室内にいると冷たいデザートが美味しく感じます。
出されたシャーベットはきなこがかかった甘酒シャーベット。

ほんのりした甘さがとても美味しかったのですが、甘味料は一切使用していないとのことで驚きました。

甘酒だけの甘さで作っていて、きなこの味もアクセントになっています。
簡単に手作りできるというので、作り方を教えてもらいました。

まず、おかゆを炊いて、40度くらいまで冷ましたら麹を入れて半日くらい保温をして甘酒を作るそう。
甘酒ができたらタッパーなどに入れて冷凍するだけ。

友人は炊飯器で作るそうですが、うちには炊飯器がないので保温鍋で挑戦してみました。

おかゆを炊いた後に麹を入れて混ぜると、おかゆの水分を全部吸い取られたようにバサバサした感じになってしまいます。

本当にこれで大丈夫だろうか、と不安に思いながら保温をしていくと、だんだんとトロトロの甘酒っぽい感じになっていきました。

味もちゃんと甘酒です。
市販品の甘酒は甘みが強すぎて苦手な物もあるのですが、これなら自分好みの味にも作ることができます。

さて、甘酒ができた後はいよいよシャーベットに。
最後にきなこをかけたら完成です。

甘い物が欲しいとき、罪悪感なく食べられる健康的なシャーベットです。

甘酒の作り方 http://www.isesou.co.jp/kouji/recipe.shtml

コメントは受け付けていません。