初めてのちくわぶ

ちくわぶをご存じでしょうか。
何でもそうですが「知っている人は知っている、知らない人は全く知らない」わけで、ちくわぶに関しては、関東の人は知っていても西日本の人は見たことも食べたこともない食べ物だと思います。

私自身も大人になって「ちくわぶ」という名前の食べ物があることは知識として知っていましたが、実際に食べたことはありませんでした。

どんな食べ物なのか気になって、先日、初めて通販で購入しました。
私が購入したのは川口屋の内麦という国産素材にこだわったちくわぶ。

基本であろう、おでんに入れていただきます。
もちもちしている、と言われるので生麩のような食感を想像していたのですが、太い太いうどんを食べているような感じ。

うどんと同じように小麦粉と水と食塩を使っているのだから当たり前かもしれません。
味がよく染み込んで、だしの美味しさを味わえる食材だと思いました。

小麦粉を練っている、そして味が染み込む、という特長を活かして、おでん以外にもいろいろな料理に使えるそうです。
私がうどんみたい、と感じたのと同様にパスタのように使うこともできるし、シロップを染み込ませればお菓子にもなります。

初めて知ったちくわぶ、次は違う食べ方に挑戦したいです。

川口屋 http://www.chikuwabu.jp/
特別仕様のちくわぶ http://www.chikuwabu.jp/tokubetusiyou.html

コメントは受け付けていません。