奈良の美味しいお饅頭

俗に「奈良にうまいものなし」と言われます。

これは志賀直哉が随筆で「食ひものはうまい物のない所だ」と書いたことに起因しているのだとか。

実際には志賀直哉も奈良の食べ物を全否定しているのではなく、お菓子や豆腐は美味しいという記述もあります。

だからというわけでもありませんが、確かに奈良には美味しいお菓子があると個人的にも感じています。

最近、友人からお土産にもらって大ヒットだったのが「らほつ饅頭」です。

最近、友人からお土産にもらって大ヒットだったのが「らほつ饅頭」です。

らほつ、とは丸いツブツブのような大仏様の髪の毛のことです。

奈良だから大仏様、というイメージで名付けたお菓子かと思いきや、パッケージを開けてみて納得しました。

黒く光るおまんじゅうは、まさに大仏様の髪のようです。

らほつ饅頭は黒糖を使ったかりんとう饅頭。

らほつ饅頭は黒糖を使ったかりんとう饅頭

一口食べると、口いっぱいにかりんとうの風味が広がります。

この風味は米油で揚げているから出せるのだそう。

そのまま食べても美味しかったのですが、パッケージにある通り「トースターで数分焼いて少し冷ましてから」食べると、更に香ばしさがアップ!外側の香ばしい感じと内側の柔らかさ、甘さ控えめな餡とのバランスが最高で、やめられなくなります。

こしあん、粒あん、抹茶あんなど複数の味があるので、好みに合わせて選べるも嬉しいポイントです。

祥楽 http://nara-shogaku.jp/
らほつ饅頭 http://nara-shogaku.jp/naranoka/rahotsu/

らほつ饅頭 >>楽天

 

コメントは受け付けていません。