私が年賀状を止めた理由

O323

手紙を書くのは子供の頃から大好きで、年賀状や暑中見舞いも毎年凝ったデザインで作っていました。
でも何事もふとしたきっかけで、大好きから大嫌いになることはよくあること。

ある年、「年末に新年の挨拶を書く」という当たり前にやってきたことに苦痛を感じてしまい、思い切って年賀状を止めることにしました。
中には年賀状だけの付き合いになってしまった人もいます。

年賀状を止めると本当に付き合いがなくなってしまうかもしれません。
でもそれもまた1つの縁であり、無理に年賀状だけでつながり続けることでもない気がします。
「思うところあり、年賀状を出すのをやめます」最後の年にそんな内容の年賀状を出してから数年が経ちました。

受け取った相手がどう感じたかはわかりませんが、それ以降も変わらず年賀状送り続けてくれる人、送ってこなくなった人、対応はそれぞれです。
年賀状での新年のご挨拶は止めましたが、年が明けて落ち着いてから寒中見舞いを書くことにしています。

儀礼的に出すのではなく、自分の書きたいときに自分のペースで出す。
何より慌ただしい年末にバタバタと焦りながら年賀状を書かなくてよいことで随分と気が楽になりました。

年賀状を出さないのはマナー違反と言われることもありますが、形だけのご挨拶よりも気持ちのこもった1枚の方が良いと思っています。

コメントは受け付けていません。