「着け心地がラクなマスク パンデミックガード99」

春に空気清浄機を購入した際、購入特典としてマスクをいただきました。そのときには特に何の興味も持たず、使っているマスクが無くなったら使おう、くらいの気持ちで開封することもなく置いていました。普段、のどの乾燥対策には布製のマスクで充分ですが、花粉やPM2.5、人混みの中でのウィルス対策が必要なときには不織布製の使い捨てマスクを使用しています。使い心地の良さでは布製が断然勝っていますが、布では防ぎきれないこともあると感じるからです。先日、箱で購入していた使い捨てマスクが無くなり、ついに特典でいただいたマスクを使う日がきました。パンデミックガード99というマスク、いわゆる不織布製の使い捨てマスクですが、一般的な製品よりサラサラした触り心地で全体的に厚みがあります。とてもこだわりのあるマスクのようです。「どうせオマケのマスク」などと思っていたことを申し訳なく思いました。使い捨てマスクも製品の形状やメーカーによって着け心地に大きな差があります。パンデミックガード99は立体型で鼻や口にマスクが触れることがないくらい空間があります。呼吸もしやすく、とてもラク。こんなマスクがあったのか!と驚いてしまいました。マスクが口に直接触れないのでリップや口紅がベッタリ付くこともありません。30枚入りで6300円、1枚あたり210円と使い捨てにしては高額なマスクですが、一度この使い心地を知ると他の物は使えなくなりそう。冬はPM2.5の飛来が増える季節、快適なマスクを探している人にオススメしたいマスクです。
パンデミックガード99 http://kankyo.sizen-kenko.com/pandemic.html

コメントは受け付けていません。